幼い頃の引っ越しの記憶

おばあちゃんちに預けられるまで、

3〜5歳くらいに3回は引越ししました。

 

一番最初は、

確か、誰もが知っている有名な川のそば。

田舎ではなく、街に住んでいました。

子連れで住み込みで働いていたのだと思います。

わたしは、川沿いの保育園か幼稚園に行っていて、

ある日、「お母さんがひとりで帰っておいでと言った」と

言い張ってひとりで歩き出し、先生が後から追いかけてきた。。。

ということがあったような、母から聞かされたような。

 

その次は、

お寺の境内にある納戸みたいな部屋に住んでいました。

たたんだ布団の前で、母とわたしがしゃべっていたのを

ぼんやりと覚えています。

お風呂はなく、土間にたらいを置いて行水しました。

トイレは、肝だめしみたいだったな。

母に付いて来てもらって、

境内にある戸外の薄暗いトイレに行くのですが、

木の扉がギィーと開くと、奥が真っ暗で。。。

 

3回目は、

家の前に花や樹木が植えてあった平屋。

細い木の枝に、わたしが人形の服を干すと、

母が「そんなとこ干したら飛んでいくで。」と言いました。

幼稚園に通っていたのですが、

わたしが風邪をひいて、ひとりきりで家にいたことがありました。

その時、飲み薬一瓶を一度に全部飲んでしまいました。

子ども用の飲み薬って甘くて美味しいんですよね(^_^;)

また、近所のおばあさんに預かってもらったこともあって、

そのおばあさんと、じーっと火鉢にあたってたのを覚えています。

それと、母の職場に、わたしひとりで歩いて行って、

母を驚かせたことがありました。

泣いた記憶はなく、その時の気持ちは思い出せません。

 

母には、家柄も財産も学歴もありません。

美人でもなく、手に職もなく、運転免許も持っていません。

現代のように、離婚する人は多くない時代です。

離婚することは、生きていく手段が絶たれることであり、

女ひとり、幼子を連れて生きていくのは大変なことです。

母もいろんな不安を抱えながら頑張っていたのでしょう。

ママは魔法使い

ある日の昼下がり。

家族4人で布団にねっころがって、

絵本を読んでいました。

魔法使いのお話です。

長女がまだ年長さんぐらいだったかな。

 

絵本を読み終わって、

「実は、ママも魔法使えたんやけど、

パパと結婚してから、だんだん使えなくなってきたわ。」

『魔女の宅急便』のキキが好きな長女に合わせて、

話を盛り上げてました。

 

子どもたちが、

「今でも魔法使える?」

と聞くので、

「どうかなー、ちょっとやってみよっか。」

となりました。

 

部屋の掛け時計が、わたしたちの視界に入ってきました。

いつの間にか動かなくなって、

12時ちょうどを指したまま止まっています。

 

話の流れで、わたしは、呪文を唱えながら、

右手の人差し指をぴんと立てて、

掛け時計に向けて、まっすぐ腕を伸ばしました。

 

肘が伸び切った瞬間、寸分の狂いなく、

時計の針が、すごい勢いでグルグル回り始め、

現在時刻を指したのです。

 

す、すごーい!狂喜乱舞で大絶賛!!

 

一番驚いたのは、自称魔女のわたしです。

しばらくは、子どもたちから一目置かれていましたが、

今は、どう思ってるかな?

もう忘れてしまったかなー。

期待通りのリアクション

PTA活動です。

特別支援教育部のカレー会、

毎年の恒例行事ですって。

学級の生徒と先生、母たちでカレーを作り、

先生方を招待して食べてもらうそうな。

 

班分けしてカレー作り。

わたしは、ご飯を炊く班です。

料理を始める前に、

生徒と母たち、軽く自己紹介。

他のお母さんは

自分の名前しか言わなかったけど、

わたしは、

「○年○組のいとう○○○の母です。」

と自己紹介しました。

 

そしたら、ある男子が、

首を傾け、少し顎を上げて、

微量の「ちっ、○○○のオカンか」的な表情・・・。

そしたら、そばにいた先生が、

「なんや、お前知ってんのかっ」て声かけて、

その男子が、「おんなじクラスのーーー」

そしたら、わたし、

「小学校も一緒ですぅー」とニマニマ(#^.^#)。

 

その男子が娘と同じクラスと知ってて、

わざとクラスまで言いました。

 

思春期真っ只中、中学生男子の、

微量の照れが混じる、

しかし、全拒否ではない反応。

 

これよ、これー!

おばちゃんの期待してた

リアクションをありがとう。

先生の突っ込みまで計算どおり!

ああ、うれしー!

今日来た甲斐があったというものよ。

 

その後、カレーを大鍋に3つ、

ご飯を35合炊きましたが、

足らなくて追加で作りましたー。

恐るべし、成長期!!

どろぼう猫の方がマシ

夫が平日に休みを取っていたある日。

昼ごはんに鶏もも肉の照り焼きを作りました。

こんがり焼き色がついて出来上がり、

ふたりして「美味しそうやなあ」と

言い合っていました。

 

いいにおいがしてきたのでしょう、

同居していた母が、二階の自分の部屋から、

ドスドス、足音を響かせながら下りてきました。

 

そして台所に入り、お鍋の蓋を開けて言い放ちます。

「なんじゃ、これ」・・・最初はまず、コレです。

「うわあ、気持ちワルッ」・・・必ず、けなします。

「油っぽい、こんなもん、よう食べるわ」・・・定番の嫌味です。

 

散々ケチをつけ、わたしが怒りに打ち震えている間に、

母は背中を丸めてそそくさと二階に上がって行きます。

お鍋を覗くと、鶏もも肉が一枚、消えています。

 

今、これを書いていると、

吉本新喜劇みたいで笑けるのですが、

当時のわたしは、笑える状態ではありませんでした。

 

けなされ、嫌味を言われ、否定され続けて育ってきた自分が

どれほどまでに傷ついたきたか、自覚し始めていた頃でした。

湧いてくる怒りをどう処理していいかわからない時でした。

華やかさへの憧れは、永遠に!

華やかさの憧れの続き

 

レセプタントの仕事が

わたしには向いていないと思った

事件というのは・・・。

 

お酒を勧めるタイミングに困って、

ビール瓶を持って立ってたら、

「何してんの!ビールぬるくなるでしょ!!」

年下であろうベテランさんに

鬼のような形相で怒られました。

キレイなお姉さん、すっげー怖かった。

女の世界を垣間見ました。

 

おーい、こら!まさみ!

人のせいにしたらあかんやろ。

「この仕事、無理っ」つーのは、

自分に絶望したのであって、

他人は関係ありません。

 

包み隠さずお話します。

あるパーティでのこと。

とどこおりなく、閉会に近づきました。

 

わたしを含めレセプタントたちは、

打ち合わせた立ち位置で

整列して控えています。   

 

お偉いさんが、

一本締めで、おひらきにすると

挨拶しました。

 

「いよーお、パン!」

 

会場のお客様が、

 

両手を打ち合わせた、その瞬間、

 

レセプタントが・・・・・

 

ひとり・・・・・・・・・

 

・・・・・・・・・・・・

 

まさかの・・・一本締め。

 

 

お願い、夢なら醒めて!!

もう、反射的に手が動いて、

止めるなんてことできなかった。

我にかえった時すでに遅し。 

 

一瞬、時が止まり、

一本締めしているわたしを

引きの位置で見ている

もう一人のわたしが言いました。

 

「そんなレセプタント、おらんで」

 

あの、臨死体験した人が、

病室の天井の角から、

死んだ自分を見ている、

そんな映像でした。

 

ああ、もしかして、わたし、

一瞬、死んでたのかもしれません。

 

他に気づいた人が

いたのか、いなかったのか、

それはわかりません。

 

でも、エレガントから

遠〜く離れた位置にいる

自分には気づいたのでした。

 

華やかさへの憧れ、

つまり、それは、

フォーエバー!!

華やかさへの憧れ

わたくし、恥ずかしながら、

バンケットコンパニオンのバイトを

していたことがあります。

ホテルや料亭での接客サービスです。

 


現在は「レセプタント」といいます。

「コンパニオン」の呼称が

風俗営業関係でも使用され始め

業界の社会的信用と

仕事への誇りを守るため

商標登録された呼称とのこと。

http://www.j-banquet.com/aboutRece.php

わたしも誤解のないように、

「レセプタント」

と表現させて頂きます。


 

当時私は、32歳。

そんな、ええ年のレセプタント、

まず、おりまへん。

学生が中心だったんじゃないかなー。

当日仕事をするメンバーを仕切る

チーフという役割がありましたが、

ベテランのしっかりした大学生が

やってましたね。

 

仕事はヘアメイクから始まります。

髪をおだんごにまとめ、

バッチリ化粧しないといけません。

普段、化粧っ気のない私は、

準備段階からドギマギです。

 

今更ながら、振り返ってみて、

選んだアルバイトが、なんで、

レセプタント?だったのか・・・。

 

仕事は夜だしー、

都合のいい時に行けばいいしー、

他のバイトと兼業できるしー、

着付けが出来ると手当がつくしー、

マナーの勉強になるしー、

と、いろいろ理由をあげてみましたが、

要は、華やかな仕事に憧れてたんでしょーねー。

 

そつなくお客様と会話を楽しみ、

さりげなくお酒や料理を勧める、

気が利く、立ち居振る舞いの美しい女性・・・。

そんなエレガントな女性になりたーい!

と思ってたんだろーなー。

 

まれに、

お客様から「きれいだね」と

言って頂いたこともあって、

気をよくしていましたが、

 

「わたしにはこんな仕事、向いてない・・・」

と、絶望する事件が起こりました。

 

華やかさへの憧れは永遠にへ続く

炭団(たどん)と卵

「 炭団と卵 」

わたしと5歳年上の従姉妹を比べて

母からよく言われた言葉です。

 

わたしが黒い炭団で、従姉妹は白い卵。

 

わたしが生まれた時の話になると、

「おばちゃん(母の姉)が、アンタを見て、

『色が黒うて、太い、なんちゅうブッサイクな子、将来どないなんにゃろ〜』て言うたわ」

と、母は決まって言うのです。

 

色黒・デブ・ブサイク、この3つの単語が、

一回の会話で、最低3クールは続きます。

これが、折りにふれ、大人になるまで続きます。

オチもフォローもなく、内容に深みも広がりもなく、

判で押したように続くのです。

 

今思うと、ひどすぎると感じるのですが、

子どものわたしは、

どんな思いで聞いていたのでしょうか。

 

自分を好きになれない子は、

こうして生まれるのでしょうね。

お抹茶好きなあなたは・・・

ファミリーパックの抹茶アイスを食べる準備をしています。

長女と次女が並んでお皿に取り分けてくれます。

 

アイスを前に、テンション高めで、

次女:「〇〇○(長女の名前)、抹茶、好きなんやろ〜、ショボイよな〜。」

 

長女:無言で、横目でちらりと、次女を見ました。

 

さらに、長女を挑発しているのか、声高に、

次女:「こんな苦い抹茶、好きやなんて、ホンマ、〇〇○って、ショボイわー!!」

 

若干、間をおいてから、冷ややかに、

長女:「・・・それを言うなら、シブいやろ!」

 

次女:「あ??え??  」

 

喧嘩を売ってるわけではなく、マジボケでした・・・。

メンタルヘルス・ファーストエイド発祥の地

メンタルヘルス・ファーストエイドとは

心が危機状態にある人を

適切に支援する対応方法を

身につけるプロ グラムです。 

 

ゲートキーパー養成研修で

メンタルヘルス・ファーストエイドは

オーストラリアが発祥の地である

ということを知りました。

 

「なんでオーストラリアなんやろ〜?」

と思ったので、ネットで調べてみました。

 

出てきた幾つかのサイトを

ざっと拾い読みしてわかったことは

オーストラリアでは自殺率が高く

若い男性(15歳〜44歳)が多く

女性の3〜4倍である

ということでした。

 

意外というか、ショックです。

大自然に囲まれて癒される場所・・・

マリンスポーツを楽しむ青少年・・・

という健康的なイメージがあったので。

 


http://tabi-labo.com/279126/manupcampaign

以下の文章は、上記サイトを要約しました。

 

深刻な自殺の背景には、

「タフで、ストイックで、屈強」

というオーストラリアの男性像や

「男は涙を見せぬもの」

という社会規範があるとのこと。

 

自殺防止団体が動画を制作して

「男たちよ、涙を流そう。」

と、呼びかけています。


 

悩みを一人で抱え込んで苦しくなるのは、

男も女も変わりありませんね。

とはいえ、明日から夏休みですね(^_^;)

今日は終業式。

 

一学期間、子どもたちとパパ、

よく頑張りました。

 

朝起きて、着替えて、朝ごはん食べて、

歯を磨いて、そして、家を出ていく・・・。

一日、外で頑張って、家に帰ってくる・・・。

毎日、その繰り返しです。

 

「いってきます」と出かけ、

「ただいま」と帰ってくる。

我が家に、間違いなく、帰ってきてくれる。

それだけで、

じゅうぶん幸せだと感じるようになりました。

 

我が家が、家族一人一人にとって、

安心基地の役割を果たせているなら、

消耗したエネルギーの充電場所になっているなら、

本当に本当に、嬉しい。

 

とはいえ、明日から夏休みです。

母たちの戦いは、明日から始まるんすよねー(@_@;)