先日の成人の日には

二十歳の振り袖姿をまぶしく

また微笑ましくながめていました。

 

 

短大を卒業後勤めた「障がい」者施設に

重度のダウン症の女性がいました。

Kちゃんと呼ばれていました。

 

ある時、Kちゃんの親御さんが

Kちゃんの着物姿の写真を

持ってこられました。

写真を見ていた職員の輪に入り

Kちゃんの写真を見たわたしは

正直「・・・」となりました。

 

「Kちゃん迷惑がってるで」

「親のエゴやな」

わたしは冷ややかに見ていました。

 

ところが最近

Kちゃんの親御さんと

おんなじことをしている

自分に気づきました。

 

大人の着物が着れる

背丈になった娘2人に

半ば強引に振り袖を着せて

写真を撮りまくり

義父母に写真を送り

自分は毎日のように

写真をながめていました。

 

「可愛いわー」

「キレイやわー」

「着物ってええなー」

娘に着物を着せてやれる

幸せをかみしめていました。

 

そういえばわたしの母も

わたしに着物を仕立ててくれました。

 

ああ、これって親心なのかな。

 

娘には

キレイなものを着せてやりたい。

自己満足やエゴかもしれないけど

着てほしい。

愛しい娘が

振り袖を着れるまで

成長したことが嬉しくて

その可愛い姿を人にも見てほしい。

 

Kちゃんの親御さんの気持ち

少しはわかるようになったかな。