今年手放したもの、それは〜想い〜です。

 

ひとつは、前の職場(幼児教室)への想い。

 

5年前、「また戻ってきてくださいね」と言ってくださり

制服も教室の鍵も返さないまま、一旦仕事を離れました。

5年のうちに、復帰のお声掛けをいただくこともあったけれど

日ごと、年ごとに、この仕事は卒業なのだと感じていました。

自分ではもう仕事には戻れないとわかっているのに

安心できる、この場所とつながっていたい

という想いを持ち続けていました。

 

でも、思いがけず新しく仕事を始めることになり

物理的にも、前の職場に戻ることが無理な状態になって

やっと、その想いを手放す決心をしました。

 

制服と鍵を返しに行き、仕事を始める報告をして

改めてお別れの挨拶をしました。

 

そのままのわたしを受け容れてもらえた場所

頑張っていることを認めてもらえた場所

苦しかった時の逃げ場所

わたしの心の支えでした。

 

だけどもう、この場所がなくても大丈夫。

今までお世話になりました。

本当にありがとうごさいました。