娘ふたりとわたし

お風呂タイムが一緒になる日がありました。

 

わたしが体を洗っている間

姉妹が仲良く並んで湯船につかってしゃべっていました。

 

ありふれた日常のヒトコマのようですが

数年前には見られなかった姿。

 

姉妹ふたりきりにして

目を離すのが怖い時期もありました。

 

母とのことに心が囚われ続け

エネルギーを消耗していたわたしは

眉間にシワを寄せて、常にイライラしていました。

 

わたしのイライラの矛先は長女に向けられ

長女はそのストレスを次女にぶつけ

最後の受け皿になった次女は

持って行き場のない気持ちを

外でぶちまけ問題を起こす・・・

 

負の連鎖。

ストレスのシャンパンタワーです。

 

傷つけ、傷つけあった時間とおんなじだけ

癒やす時間が必要でした。

 

母親であるわたしが自分自身を取り戻すことが

遠回りのようでいちばんの近道だったと思います。

 

こどもの願いは、

大好きなお母さんが笑顔でいてくれること。

 

よく聞くけど、ほんとにそうだった。

 

あなたは笑ってますか?

 

負の連鎖を止められるのは、

鎖の先頭にいる人ではありません。

連鎖に気付いた人です。

 

今、ここから、自分からです。