母へのわだかまり の続きです。

 

心の底に沈めていた気持ちが溢れ出し

苦しくて苦しくてたまらなくなったわたしは

近所の50代女性Yさんに話を聴いてもらいました。

 

Yさんが

「お母さんが男の人を必要とした気持ち、今のあなたなら理解してあげられるでしょう。」

と言いました。

「そうなんです。」とわたし。

「オトナのわたしは、理解して許してるんです。

だけど、だけど、だけど・・・・・

自分の中のコドモの自分が怒っているんです。」

涙がつたって落ちます。

 

溢れ出す気持ちを話しながら

不意に、別のことを思い出しました。

 

〜わたしは人として最低なことを言った〜

 

いつだったか

どんな反応するかなとテストするような気持ちで

「中卒のくせに。」

と、母に言ったことがあります。

 

〜これはもしかして、帳尻合わせ?〜

 

テストなんかじゃない。

不倫という行為で、わたしをないがしろにした母に対し

学歴を馬鹿にすることで

仕返ししようとしたのではないか。

 

わたしの言葉に、母は無言でした。

表情も変わらなかった気がします。

母が何を思ったのかわからないまま

時は流れていきました。

 

時の流れの中で抱え続けた

「ひどいことを言ってしまった。」

という自責と後悔の念が

涙とともに流れ出します。

 

すると、Yさんが

「いとうさんて、ものすご自分を責めてしまうんやな。」

と、ポツッと言いました。

 

その言葉で、初めて・・・

自分が自分を責めていることに気がつきました。

 

 

確かめたわけではありませんが

母はわたしの言葉を忘れていたかもしれません。

 

投げた言葉のナイフが刺さっていたのは

わたしだけだったかもしれません・・・・(@_@;)