長女は

 

あれやりたい、これやりたいと

強く主張をしないのですが

いろんなことをやらせてみても

結局のところ、自分の

 

好きなことしかしないのです。

 

そんな長女に対して

湧いてきたネガティブな感情は

嫉妬・・・。

 

こどもへの嫉妬です。

 

わたしは

 

自分のやりたいことだけ

無心にやっている長女が

 

うらやましかったのです。

 

わたしが我慢していることを

本能的にやっている長女が

 

ねたましかったのです。

 

だって

 

こどもは好きなことだけしている。

 

わたしは

 

母親の仮面をつけて

長女をコントロールしよう

としてきましたが

その仮面の下にいたのは

 

抑圧されたこどものわたし。

 

人って

 

自分が我慢していることを

何の遠慮もなく人がすると

 

腹が立つんですね。

 

腑に落ちました。

 

腑に落ちて、脱力しました。

 

「いいんじゃないの〜」って。

 

続く