人生において

手枷足枷になるものが何かしらある。

 

枷(かせ)であると同時にそれは

自分の大切なものだったりする。

 

たとえば、家族。

 

人生で、自分の進む道を誤らないよう

いい意味でプレーキの働きもしてくれる。

 

自分を縛るもの(枷)は

必要最小限にしたい。

 

しょうもない手枷足枷は

どんどん外していこう。