「家売るオンナの逆襲」の第1話で

炎上系YouTuberにくまる(加藤諒)が

世間の批判を浴びることに疲れ

穏やかな暮らしができる家を求めます。

 

しかしその暮らしは

にくまるの本来の姿ではないとして

三軒家万智(北川景子)は

 

「戦場カメラマンが命の危険を承知で

戦場に向かうのも、常に命の瀬戸際に

いないと生きている気がしないからです。

 

クライマーが遭難の危機を物ともせず

エベレストの頂上を目指すのも

生と死の境いに立っていないと

人生が充実しないからです。

 

にくまる様、あなたも同じです」

 

と言って

にくまるにピッタリの家を売ります。

 

三軒家万智の

「常に命の瀬戸際にいないと

生きている気がしない」

という言葉に、わたしは

23歳のわたしに引き戻されました。

 

当時、スキーが好きで楽しくて

休みのたびに出かけていました。

 

23歳のわたしの文章で、スキーを

「面白いこと」と表現しているのは

大自然の中で滑っていると

思考より感覚が優位になってくる

その、感じ、を味わっていたのでは

ないかと思います。

 

誘われるまま、リフトで1番上まで行くと

想像以上の急斜面を前に、身震いします。

 

・・・こけたらどうなるんだろう・・・

 

心も震え、心底、恐怖を感じた時に

「ああ、わたし、生きてる・・・」

そう思うことができました。

 

わたしは

自分の感覚を鈍らせ

自分の感情を抑えて生きてきて

自分の心の痛みにも体の痛みにも

鈍感になっていました。

 

「戦場カメラマンがーーー」のセリフで

自分の人生を生きている実感がなかった

23歳のわたしを思いだしたのでした。

 

顔がゆがむような痛みや死の恐怖を

感じてはじめて自分が生きていることを

実感できました。