母は昔っから

同じことをくり返し言う人でした。

 

わたしが20歳を過ぎた頃には

もはや、母の話に反応せずに

聞き流すようになっていました。

 

でも、結婚というカルチャーショック

もうわたしは

それができなくなっていました。

また、母の言動で

こどもたちに悪い影響を及ぼす

心配もしていました。

 

私たち家族と同居した母の言動が

いちいち、耳に障りました。

いちいち、気に障りました。

 

 

玄関で

夫の脱ぎっぱなしの靴を見つけた時の

母の第一声は

「なんじゃ、これは」です。

 

そして

ブツブツ文句をたれながら、夫の靴を揃え

「うわっ、バカみたいに大きいくつ」

と言うのです。

(夫の足のサイズは28センチ)

 

さらに

「いやあ、バカみたいに大きいわ〜」

「はあ〜、ほんま、バカみたい」

いつまでも続きます。

 

「大きい」を表現する言葉が

「バカ」しかない。

 

語彙が極端に少ない。

しかも、マイナス表現。

 

もしかしてわざと?

目的は人をバカにすること?

 

 

短い言葉のくり返しは

無意識にすり込まれやすい。

くり返しによって強化される。

 

母と2人暮らしだった

わたしが受けたダメージは

想像以上だったのかと思う。

 

打ち寄せる波