シューアイスの争奪戦が始まった。

それを見守るわたし。

それぞれ1個食べた後、

2個めが欲しい夫、長女、次女

の3人でジャンケンをすることに。

 

「最初はグー、ジャンケンホイッ!」

 

グーを出して勝ったのは・・・長女。

長女は、差し出したこぶしをぐっと握りしめ

目を閉じたまま、静かに言った。

 

「伊藤家の・・・歴史が・・・変わった・・・」

 

そう。

幾度も繰り広げられてきた

この戦いに勝利してきたのは

十中八九、次女なのだ。

 

いつも、勝つ。

なぜか、勝つ。

 

苦汁をなめてきた長女よ、キミにも春が!

 

その調子で、高校受験も頑張って!