こどもの頃

母からよく言われたことです。

 

わたしは歯の噛み合わせが悪く

少し受け口ぎみです。

 

歯の話題になると

 

「アンタの受け口は、あっちに似たんや」

 

と言われ、また

 

わたしの耳垢はウェットタイプで

耳かきをすると

 

「アンタの耳クソ柔らかいんは、あっちに似たんや」

 

と言われました。

 

事実を伝える言葉の

後に続く言葉はなくて

なんだか忌々(いまいま)しい感じ。

言いっ放しで終わるのです。

 

「だから?何が言いたいの?」

わたしは心の中で

そうつぶやいていました。

 

「アンタ〜〜は、あっちに似たんや」

 

あっち、とは

わたしが3歳の時に離婚した父のことで

父方の遺伝を受けたということです。

 

忌々しく言いたくなるのは

納得できない、理不尽な

母の離婚の理由にあるのでしょうが

 

こどもなら、きっと

 

母親から忌々しく

「アンタ〜〜は、あっち(父方)に似たんや」

と、言われたら

「お母さん、わたしのこと嫌いなんかなあ」

と思うでしょう。

 

体や性質とか

持って生まれたものについて

ケチをつけられたら

自分を受け容れられなくなるでしょう。

 

こどもだったわたしは

 

耳垢タイプが母と違うことで

罪悪感のような気持ちを

うっすらと感じていた気がします。

 

わたし、別れた父親に似てしまった。

ああ、ごめんなさい。

すべては自分の責任で

だから自分を責める・・・みたいな。

 

今なら黙ってないで

言い返せるけどね。

 

耳垢タイプは遺伝ですよー。

わたしのせいじゃないわよ!