伯母の四十九日の法要は

伯母が住んでいた家で行いました。

 

私の母の実家で

年長児の私が預けられた

おばあちゃんちであり

喪主の5歳年上の従姉妹の

実家でもあります。

 

おばちゃんの

相続等の手続きや家の片付けなど

これから従姉妹はいろいろと大変です。

 

従姉妹が

「着物など遺品をもらってもらえるなら」

と言ってくれて

おばちゃんのタンスを覗かせてもらいました。

 

おばちゃんが働いていた時には

私と従姉妹に

着物を仕立てて送ってくれました。

私は20歳前後だったでしょうか。

 

「おばちゃんが年取ったら、(老後の世話を)頼むわな。」

と言われながら

自分の好みでもない着物をもらっても

正直、あんまり嬉しくなかったのでした。

 

もらった着物が高価な紬だと

母からは聞かされたのですが

その価値や良さが、わかりません。

 

ところが

後々、着付け教室に通い始めた私は

おばちゃんからもらった着物にも

袖を通すようになりました。

そのうちに

着心地の違いを感じるようになりました。

 

おばちゃんのタンスには

しつけのついたままの帯や着物があり

その中から

今の私がすぐに使えそうなものを

選ばせてもらいました。

 

そして

あちこちのタンスを覗いていたら

思いもしなかった懐かしいものが出てきました。

 

従姉妹のと、私のと、2つ。

こどもの時に買ってもらった羽子板です。

 

私がおばあちゃんちに住んでいたことを

思い出させるものが残っていたなんて・・・

 

・・・なんて言ったらいいのでしょうか

 

私がこの家に居た、私の居場所だった、

そんな証しが見つかったようで

ほわんと嬉しい気持ちになったのでした。

 

喪中なんて関係ないや。

 

来年のお正月は

おばちゃんの着物を着て、羽子板を飾り

感謝の気持ちを表すことにする。