93歳で亡くなった夫の祖父が

まだ現役の会社員時代に

仕事関係の人の家に夫婦で招かれ

おもてなしを受けた時の話。

 

こういう時って

お客さんに

遠慮しないで食べてもらうために

もてなす側は

食事やお酒を勧めますよね。

 

お客さんである、おじいちゃんは

 

「いやあ、そんな遠慮なさらんと

いっぱい召し上がってください」

 

と言って

 

招かれた家の主人に

料理やお酒を勧めたという。

 

おばあちゃんが恥ずかしかった

と言ってたのを聞きました。

 

そりゃそーだわ。