夫の祖父は

93歳で亡くなりました。

 

おじいちゃんはこの年齢にして

革新的というか型破りというか

あんまりいないタイプだったと思います。

 

おじいちゃんを偲ぶ法事は

亡くなったおじいちゃんからの招待。

 

法事に出席する時って香典として

現金を包んで持参するのが

まあ一般的ですよね。

 

夫のおじいちゃんは

葬式代はもとより

先々の法事の段取りまでして

お金を遺しているとのこと。

 

お葬式代を遺して亡くなる話は

聞いたことがありますが

ここまでしている人の話は

聞いたことがない。

 

私が知らないだけかな?

あなたの周りではどうですか?

 

本当に香典が不要なのか

念のため

夫からお義母さんに

確認の電話をしてもらったら

 

「要らないって言ったでしょ」

「普通じゃないのよっ、普通じゃ!!」

 

お義母さんが叫んだのが聞こえた。

電話を切った夫に

 

私「ホッとしたわ」

 

夫「確認しといて安心したか」

 

私「ちゃうねん、”普通じゃないのよっ”

ていう言葉にメチャクチャ安心してん。

ここでは普通じゃなくてもいいんやと

思えてホッとする(笑)」

 

夫「え!ソコ?!」

 

私の身内では考えられないことが

けっこう

夫の実家や親戚では起こるのですが

なぜか、私には心地よいのです。

 

亡くなったおじいちゃんからの招待で

お料理をいただきながら

おじいちゃんを偲んできました。