長かった5月がもうすぐ終わる。

 

この5月は

仕事、地域、家庭、私個人・・・と

それぞれの場面で

私の心に負荷がかかる問題が

頻発した月でした。

 

気持ちが

右に左に上に下にと揺れ動き

背中側から心がぎゅ〜っと掴まれるような

息苦しい感覚や

頭のてっぺんからつま先まで漂う不安感が

継続してありました。

 

何で?って言うくらい

続けざまにいろんなことが起こって

ホントしんどかった。

 

そのしんどい心の状態から

どうやって脱出したのか

ちょっとメモっておきます。

 

尋常でない不安感に苛まれたことのひとつに

こどもの友達の指のケガというのがありました。

 

詳細は、はしょりますが

こどもの友達が指をケガする場に居た私は

慌てふためき動揺しているだけでした。

 

ケガに慣れた夫がそばにいたので

適切に処置をして

保護者にすぐ病院に連れて行ってもらえました。

 

大事に至らずよかったと思うものの

動悸を感じながら1日を過ごしました。

 

次の日

こどもの友達が指をケガしたことを思い出すと

当日の気持ちが蘇りました。

 

私はしょっちゅう不安になるヤツですが

蘇った気持ちが普通ではないのです。

いわばパニック状態。

強烈な不安に押し倒されそうになっていました。

 

一体、これは何?

フラッシュバック?

もしかして

過去に同じような体験をしている?

 

・・・思い出しました・・・。

 

幼稚園バスに乗っていたこどもの私。

友達が、空き缶に指をはさんだのです。

たぶん工作用に家から持ってきていたのでしょう。

缶切りで開けたギザギザのふたの隙間に

友達の指が入って抜けなくなっています。

そばにいた私は

指を抜いてあげようとふたを動かすのですが

ギザギザが指に当たり友達は痛がっています。

 

その時の

焦りや不安や恐怖が入り混じった気持ち。

自分がやらなきゃと思いながら

友達を助けることができなかった無力感。

もあったかもしれません。

 

友達・指・ケガ

3つのキーワードで甦った気持ち。

 

私は不安を払うように

自分に声を掛けました。

 

友達を助けようと必死だったんだね。

先生がいなくて不安だったんだね。

指を傷つけてしまいそうで怖かったんだね。

友達を助けてあげることができなくて

「自分は何もできない」

って思っちゃったんだね。

きっと。

 

だんだんと

不安感は収まっていきました。