先月の長女の家庭訪問でのこと。

 

「新しいクラスはどうですか?」

と担任の先生から質問された。

 

修学旅行前なので

座席や部屋割りなどで揉める時期。

 

クラスに仲の良い友達がいない長女は

実技教科の教室への移動はひとり。

休み時間は

他のクラスにしゃべりに行ったりして

過ごしているとのこと。

 

女性の先生は長女の話を聞きながら

 

「まあ、、、自分から心を開いて、努力してたら、

そのうち友達できるよ。」

 

と慰めるようなー励ますようなー感じで

おっしゃった後に

 

「私も高校の時、はっと気がついたら

独りになってしまって、

誰もしゃべる友達がいなくて、

大変やったけど・・・。」

 

と、先生のぼっち克服体験談を聴くことに。

 

そして

 

「お母さん、何か心配なことないですか?」

 

先生が私に話を振ってきた。

 

私は、長女から

 

「ぼっちをエンジョイするわ。」

 

と聞いていた。

 

人間観察を楽しむ長女のぼっちライフからは

悲哀さは感じられなかったので

長女から聞いた内容をもとに

次のように話した。

 

「まあ、仲の良い友達がいないと言っても

同じクラスの○○○ちゃんや□□□くんとは

近所だからよく集まって遊んでるし

クラスに話せる友達がいないわけじゃないんです。

 

独りになるのが嫌やからと言って

自分には合わないと思う子たちのグループに

無理して混じりに行かなくてもいいと思います。

 

クラスの一員として必要なコミュニケーションは

取れていると感じているので、

誰とも仲良くできないわけじゃないし

そのうち仲の良い友達ができるかもしれないし、

まあできなくても、それはそれで・・・。

別に〜特に〜心配してません〜。」

 

先生の目が泳いだ気がした。

 

「他に、何か心配なことないですか?」

 

また先生が聞いてきた。

 

長女と私、

 

「うーん、別に、、ない?なあ?」

 

顔を見合わせて確認しあう。

 

私たちを見る

先生のまなざしが虚ろだった気がする。

 

もしかして先生、今、ぼっちになった?

 

確かに、独りでいると

誰かと一緒にいたい・・・

という気持ちもわいてくる。

 

思わず、YAHOOの知恵袋を検索してみたら

そんなお悩みがいっぱいだった。

 

長女はぼっちライフをエンジョイできるんでしょうかー?