急所をつく言葉が

さらに母を意固地にさせたのでしょうか。

 

当てつけ、嫌味、皮肉を繰り返して

娘にダメ主婦のレッテルを貼る。

そんな不出来な娘を助け、

ワタシ(母)はアンタ(娘)のために

こんなにしてやっている。

 

「だから大切にして」という裏メッセージ。

ねじれた表現です。

 

それなら、

たとえワンオペ育児になっても

自分のタイミングで

家事を采配できる方がずっとマシ。

私に、恩を着せ罪悪感を持たせて

心のエネルギーを奪うのは

もう許せない。

 

「母には決して頼らない。」

という心のスタンスで

私が母との距離感をとろうすると

母はお金を使い始めました。

 

次女を出産後しばらくして

食洗機を買おうと言い出し、

お金を出したのは母です。

母もしんどかっただろうし、

もちろん、

娘の負担を少なくしてやりたい

という気持ちもあっただろう

と思っているのですが、

 

「アンタのためにお金を出してやった」

「ワタシが○○を買ってやった」

 

物やお金を介して

裏メッセージを伝えてきます。

 

孫たちや夫へのプレゼントを始め、

日常的にも

自分をアピールするために

お金を使うのです。

 

それは、切ないほどに。