入浴前に体重を計ることにしています。

2キロ減ってたわ!

 

 

さて、

母の行動パターンに気付き、

あるのにないという不可解が解明されました。

 

母が2階の自分の部屋から下りてくるのは、

3度の食事時。

小腹が空いた時も下りてきます。

 

冷蔵庫のヨーグルトや果物や食パンなど

そのままで食べられるものはなくなっています。

 

冷蔵庫の食材を使っていいのか

遠慮しているのではないのです。

料理をする気がないのです。

 

要するに、

娘に昼食を作ってほしかった

ということです。

 

こないだまで働いていた68歳の母が

私に世話されることを期待しているなんて

思いもよりませんでした。

 

引っ越してきたのがお盆休みで

私が3度の食事を用意していたので

味を占めたのでしょうか。

 

しかしながら、冗談じゃあない。

母の昼食のために、

私の行動が制限されるのはごめんだわ。

 

私は母に

 

私は、買い物や用事で出掛けることもあるから、

昼食は、お母さんが食べたい時に食べたいものを

自分で用意してほしい

 

と言いました。

 

無言だったところをみると、図星だったんだろうね。

母の部屋に、母専用の冷蔵庫を置くことも提案しました。

 

けれども、

母の機嫌が良くなることはありませんでした。