『生活に活かす人格適応論』✕『あふれでたのはやさしさだった』

今、『生活に活かす人格適応論』

という本で、人格適応論を勉強中。

 

人格適応論は

交流分析をベースにした

自己分析や他者理解をするための

性格心理学です。

 

本から以下の文章を抜粋します。


人は誰でも人生の初期に、親に自分の存在を認めてもらうために様々な適応を試み、快適に過ごすために有効な適応法を身につけ、成人になっても実行する』とし、

 3つの「心理的に生き延びるための適応型(0歳〜1歳半の間に表れる」)と

 3つの「行動上の適応型(1歳半〜6歳の間に表れる)」の、

 計6つのタイプに、人格の特徴を分類しました。


適応型の特徴を知って

自分の生き癖に気づくことで

生き方をより良く、より幸せな人生に

変えていくきっかけになります。

 

『生活に活かす人格適応論』(平松みどり・編著)

と同時に、たまたま

『あふれでたのはやさしさだった』(寮美千子・著)

という本を読みました。

 

この本は、奈良少年刑務所の受刑者の少年たちが

作家、寮美千子さんの「絵本と詩の教室」をとおして

変化していく姿が描かれている実話です。

 

リンクしました!

 

彼らが、過酷な環境を生きていくために

身につけた心の鎧が、適応タイプなのでしよう。

 

彼らは、絵本や詩を学ぶことで

心が癒され、本来の自分に戻っていきます。

そんな姿が、関係者の温もりを感じる

言葉や描写で、丁寧に綴られています。

 

そして、彼らには

なかなか声の出ない子がいるのです。

 

リンクしました!

 

わたしの、9月のブログ記事に重なります。

 

安心で安全な場所がなかった子たちは

気持ちが出せない、自分とつながれないのです。

 

自分が誰かに受け容れられることで

安心して自分の気持ちを表現できる。

 

自分が自分を受け容れることで

初めて自分につながることができる。

 

場の力ってすごい。

言葉の力ってすごい。

人がまっすぐ伸びようとする力に変わるんだ。

 

ひとりとして変わらない子はいなかった。

と、著者は書いています。

 

わたしも、人が本来持っている力を

心底信じたい、信じようと思いました。

自分の理想を実現するための「道具」

いつ書いたかわからない

メモが出てきました。

 

きっと、何かを読んで

わたしの心が動いて

書き写したのだと思います。

 

ブログに残しておきます。

 


相手は、

自分の理想を実現するための

「道具」ではない。

「人間」だ。

 

相手にも相手の理想がある。

 

親子であれ、夫婦であれ、

それぞれがそれぞれの思いを持つ

人間同士なのである。

 

自分も相手も大事にする、

アサーティブなコミュニケーションが

大切になる。

 

1. 自分の思いは相手に伝える
(自分を大事するために)

 

2. 自分が伝えた時に、その思いは手放す
(思いは認められた時点で満足している)

 

3. 後は、相手がどうするか相手にまかせる。
(相手を大事にするために)


 

自分の気持ちがわかるようになったら

次は、伝え方かな。

アサーティブコミュニケーション

LGBTについて学ぶ

LGBTの基礎知識について学んだ時のメモ。

Ally(アライ)とはLGBTの理解者、支援者。

 

 

アライとして始められること

 

,泙困話里 多様な性とLGBTについて

 

学んだことを身近な人に話す

 

LGBTに関する絵本や本を伝える

 

LGBT関連のイベントを伝える

 

LGBTの応援グッズを身につける

 レインボーフラッグなど

 

今日から自分にできることを考える

 

 

カミングアウトされた時には

 

〆埜紊泙任靴辰り話を聞く

 

▲札シュアリティを決めつけない

 

O辰鬚靴討れてありがとうと伝える

 

い匹鵑覆海箸悩い辰討い襪聞いてあげる
 本人は自分だけ特別扱いしてほしいのではない

 

ッかに話しているか、誰に話していいのか確認する
 親には直接言いたい

 

LGBTの知り合いにつないであげたり
 絵本や本を伝えてあげる

心にも自然治癒力が備わっている

自分のための覚え書き

 

「トラウマからの回復について」(2)

 

トラウマによる生き辛さに苦しめられるのは

 

さまざまな傷つき体験から逃れても

心の底には心の傷が残り続けているから。

 

たとえば

気温やTPOに合わせて着る服を選べない

家事や子育てができなくなる

とか

 

今までできていたことができなくなる。

 

自分で理解しがたいことが起きる。

 

たとえば

カウンセリングの予約時間に遅刻したり

約束が守れないばかりか

約束したのに記憶がなかったり

 

自分に自信が持てなくなる。

 

自分でも訳が分からないから

 

人にも説明できない。

誰にも理解されない。

 

それでも

普通の生活を送ることを求められて

 

自分の気持ちや

困っていることがわからないまま

心の傷と生き辛さを抱えたまんま

 

日常生活だけをこなしている。

 

傷つき体験から逃れてからの

長い支援が必要。

 

トラウマは、必ずしも

治療、克服しなければいけないものではない。

 

トラウマは誰にも起こりうる。

トラウマ反応と回復のプロセスは十人十色。

 

トラウマの中核には

恐怖感と無力感と孤立無援感がある。


トラウマからの回復には

安全・安心と有力感と人とのつながりが必要。

 

心にも自然治癒力が備わっている。

エンパワメントとレジリエンス。

 

生きる力を持っていることを伝えて。

自分の持っている力に気づいて。