流血のキッザニア

娘たちにせがまれて

連れて行ったキッザニアで

ケガをした話(-_-;)

 

連れて行ったのは

長女小1、次女年少の年度末の

春休み。

 

キッザニアというのは

こどものためのレジャー施設。

 

こどもサイズに作られた街で

いろんなお仕事やサービスが体験できて

社会の仕組みが学べるようになっています。

 

娘たちは、デザイナーをしたり

病院やベーカリーなどで働いてました。

仕事をしたら、お給料がもらえます。

 

キッザニアの専用通貨「キッゾ」をもらい

こどもだけで、大人のように

銀行に預金したり、買い物を楽しんだり

できるんです。

 

 

娘たちは

保育園の遠足でキッザニアに来たことがあり

すでに、キッザニアの銀行に預金がありました。

 

預金と当日働いた給料を合わせたお金を使って

買い物するのを楽しみにしていたのです。

 

「いっぱい働いて、いっぱいお給料もらって、いっぱいお買い物するねん」

そう言って、鼻の穴を膨らませていたのは

・・・・・次女。

 

閉店時間ギリギリまで働き、キッゾを握りしめ

お目当てのデパートに行きました。

 

すると

 

店内に買い物客はいるのですが

遅れて入ってくる客を足止めする

立ち入り禁止のロープが掛けられていました。

 

買い物を楽しみにしていた次女が

怒る💢怒る💢

 

買い物できなくなったことが

理解、納得できなくてプンプンだ。

ますます、鼻息があらくなった。

 

「なんで?なんで、入れへんの?」

 

「あのな」

 

と、次女に説明しようとして

腰を落として地面に両膝をついたわたしに

 

怒り狂った次女が

「お買い物したい〜〜〜!!」

と、飛びついてきた。

 

エネルギー有り余る3歳児。

 

弾丸のようなタックルを

1回、2回、3回?

見舞われただろうか。

 

わたしは、その勢いでバランスを崩した。

次女に、押し倒された格好になり

運悪く、真後ろにあった柱に頭を打ちつけた。

 

すぐさま、わたしの背後から

「大丈夫ですか?」

と、声を掛け、ハンカチを差し出してくれる人がいて

「だ、大丈夫です」

と、ひとまず言いつつ、わたしは手を頭に。

 

そして、自分の手を見てびっくり!!

血、血、血だあー!!」

 

あわててキッザニアの救護室に駆け込む。

頭を包帯でぐるぐるにされ止血してもらう。

 

その応急処置をしてもらっている間も

次女は

「買い物したかった〜(泣)」

と、悔しまみれにつぶやく。

 

夫が、さすがに激怒した。

 

痛みに耐えつつ、車で地元へ帰り

家の最寄りの救急外来で処置してもらった。

 

つむじの下に、角柱の90度の角があたり

パックリ2、3センチ裂けてました。

 

男性看護師2人がかりで、頭頂部に

デッカいホッチキスを2針、打ち込まれるはめに。

 

その後の通院の時には

お医者さん(←同じ年頃のこどもがいそうな)に

「キッザニアで一体何が?」

と問診されました(笑)

 

キッザニアの高島屋の前の角柱は、要注意!!

受験、頑張れ!!

「応援メッセージ書いて」

と受験生の長女が差し出したのは

高校入試の過去問題集。

 

どうやら近頃は、問題集の表紙に

友達から応援のメッセージを

書いてもらうらしい。

 

長女、試験前に学校を休んだため

友達に書いてもらうチャンスがなく

家族に回してきた。

 

よっしゃ、よっしゃ、書いたるで〜!!

 

母より

次に叩く一回で

その壁は破れるかもしれない。

壁を破れるかどうかは

自分を信じ切れるか

どうかにかかっている!!

伊藤真紗造

(松岡修造さんのカレンダーからのパクリ)

 

父より

長女はちゃんと頑張ってきたで!!

自信を持って戦って、合格を勝ち取ってこい!!

パパだよん

 

次女より

おなかが空いて死にそうになった時は

次女のくつ下のニオイを思いだしてがんばって!!

大好きよ〜!!♡♡(^^)

はなげはなこより♥

 

家族から熱いメッセージ(笑)

2019年、夫の誓い

年明けから夫婦げんかをしております。

 

いまだ収束しておりませんが

現在までの話し合いで

反省した夫が

次のように宣言しました。

 

「2019年、もうええかげんにしときます」

 

記録?証拠?見せしめ?として

夫の許可を得てブログに投稿しました。

 

わたしも一言のべさせていただきます。

 

「ホンマ、ええかげんにせえよ!!」

朝食はノ〇〇ルで

今朝のこと。

 

長女が朝食べるパンを探している。

「昨日の夜、パパが買ってきてくれたパンどこ〜?」

「生ハムの入ったのと、ノ〇〇ルのバケット〜!」

 

わたしは

使っていたフライパンの

ジュージューと肉を焼く音で

〇〇が聞こえなくて

 

「ええ?ノンアルのバケット〜!?」

と聞き返したら

 

長女に冷たーく

「基本的にパンにはアルコールは入ってません」

「どんだけお酒に毒されてるの?」

と言われました。

 

アルコールを意識させる言葉、音韻に

わたしの聴覚、過剰反応(^^ゞ


「ノ〇〇ルのバケット」は

ノーマルの、普通のバケットでしたよ。

経済的自立

娘たちのおこづかいが

年齢×100円の月給制から

報酬制になって1年と2カ月。

 

家事やマッサージをして稼ぐ

また

テスト結果により報奨金を渡す

など

やった仕事や勉強に対してお金を払う

システムに変えました。

 

何もしなくても

おこづかいがもらえる状態から

仕事や勉強で結果を出さないと

お金がもらえない状態に。

 

普段、親はお金を渡していません。

 

でも、1カ月頑張れば

月給制の3〜4倍の金額になるので

友達と、ショッピングモールや

カラオケに行ったりして

娘たち、結構楽しんでいます。

 

さて

帰宅後、友達と遊ぶという小6次女。

10円の駄菓子を買うお金もないので

トイレ掃除をするといいました。

 

う〜ん

財布が空っぽにならないと

働かないのか、キミは。

 

何とはなしに

「月給制に戻した方がいい?」

わたしがいうと

 

次女

「いいわ。(月給制だと)

自分を養えなくなりそう。」

だって(笑)。