2019年、夫の誓い

年明けから夫婦げんかをしております。

 

いまだ収束しておりませんが

現在までの話し合いで

反省した夫が

次のように宣言しました。

 

「2019年、もうええかげんにしときます」

 

記録?証拠?見せしめ?として

夫の許可を得てブログに投稿しました。

 

わたしも一言のべさせていただきます。

 

「ホンマ、ええかげんにせえよ!!」

朝食はノ〇〇ルで

今朝のこと。

 

長女が朝食べるパンを探している。

「昨日の夜、パパが買ってきてくれたパンどこ〜?」

「生ハムの入ったのと、ノ〇〇ルのバケット〜!」

 

わたしは

使っていたフライパンの

ジュージューと肉を焼く音で

〇〇が聞こえなくて

 

「ええ?ノンアルのバケット〜!?」

と聞き返したら

 

長女に冷たーく

「基本的にパンにはアルコールは入ってません」

「どんだけお酒に毒されてるの?」

と言われました。

 

アルコールを意識させる言葉、音韻に

わたしの聴覚、過剰反応(^^ゞ


「ノ〇〇ルのバケット」は

ノーマルの、普通のバケットでしたよ。

経済的自立

娘たちのおこづかいが

年齢×100円の月給制から

報酬制になって1年と2カ月。

 

家事やマッサージをして稼ぐ

また

テスト結果により報奨金を渡す

など

やった仕事や勉強に対してお金を払う

システムに変えました。

 

何もしなくても

おこづかいがもらえる状態から

仕事や勉強で結果を出さないと

お金がもらえない状態に。

 

普段、親はお金を渡していません。

 

でも、1カ月頑張れば

月給制の3〜4倍の金額になるので

友達と、ショッピングモールや

カラオケに行ったりして

娘たち、結構楽しんでいます。

 

さて

帰宅後、友達と遊ぶという小6次女。

10円の駄菓子を買うお金もないので

トイレ掃除をするといいました。

 

う〜ん

財布が空っぽにならないと

働かないのか、キミは。

 

何とはなしに

「月給制に戻した方がいい?」

わたしがいうと

 

次女

「いいわ。(月給制の収入だと)

自分を養えなくなりそう。」

だって(笑)。

キケンがアブナイ

まさかの4個め?

キケンがアブナイ。

小6次女の3個めのランドセルがヤバイ。

 

人口皮革がちぎれた肩ひもが

赤い糸、だけ、でつながってる。

卒業式まで3か月余り。。。

 

 

 

 

 

 

修学旅行のお土産披露

小6次女の修学旅行のお土産は

 

9割、食べ物!!

9割、我が家用!!

買い過ぎじゃね?