歴史の転換

シューアイスの争奪戦が始まった。

それを見守るわたし。

それぞれ1個食べた後、

2個めが欲しい夫、長女、次女

の3人でジャンケンをすることに。

 

「最初はグー、ジャンケンホイッ!」

 

グーを出して勝ったのは・・・長女。

長女は、差し出したこぶしをぐっと握りしめ

目を閉じたまま、静かに言った。

 

「伊藤家の・・・歴史が・・・変わった・・・」

 

そう。

幾度も繰り広げられてきた

この戦いに勝利してきたのは

十中八九、次女なのだ。

 

いつも、勝つ。

なぜか、勝つ。

 

苦汁をなめてきた長女よ、キミにも春が!

 

その調子で、高校受験も頑張って!

お弁当あてクイズ

小6と中3の娘の運動会と体育大会が

今週、無事終わりました。

 

さて、運動会といえばお弁当ですね。

 

ここで、クイズです。

 

過去の運動会に

わたしと次女、それぞれが作った

お弁当の写真があります。

 

A

 

B

 

 

さあ、わたしが作ったお弁当は

AとB、どちらでしょうか?

 

答えは

わたしが作ったお弁当は・・・

Bでした(笑)

お金とは... by 次女

ひきだしを整理していたら

次女が書いたメモを見つけた。

算数の宿題の合間に書き記したのか。

計算していたら、何か降りてきたのか。

 

どうやら、こやつには

「お金のメンタルブロック」

がないようす。

 

羨ましい限りである。

次女の書いたメモ

愛する人とけっこんしきできるのも

カレカノにプレゼントできるのも

やっぱ金のおかげじゃん?

やっぱ金って...神じゃん?

レアなおじいちゃん

93歳で亡くなった夫の祖父が

まだ現役の会社員時代に

仕事関係の人の家に夫婦で招かれ

おもてなしを受けた時の話。

 

こういう時って

お客さんに

遠慮しないで食べてもらうために

もてなす側は

食事やお酒を勧めますよね。

 

お客さんである、おじいちゃんは

 

「いやあ、そんな遠慮なさらんと

いっぱい召し上がってください」

 

と言って

 

招かれた家の主人に

料理やお酒を勧めたという。

 

おばあちゃんが恥ずかしかった

と言ってたのを聞きました。

 

そりゃそーだわ。