自分の限界を知ろう

次女のダンスの発表会がGWにあります。

 

今年になって

新しい教室に移ったので

初めての発表会。

 

ちょっとドキドキ。

 

え?! まさか踊るの、自分?

 

ちがうー(笑)

 

実は、昨年12月に

前のダンス教室の発表会を観に行き

エライ目にあったのです。

 

ストリート系のダンスなのですが

真っ暗な会場に入ると、人だかりができてて

酷い音質の大音量の音楽が

スピーカーから爆裂してました。

 

聴覚過敏のわたしには

耐えがたい空間だったのですが

一旦席を立つと座る席がなくなると思い

次女の出番まではと、我慢を重ねた結果

わたしの耳はおかしくなってしまいました。

 

鼓膜が、脳が

小刻みに震え続けている感じ。

頭ん中が揺れているような感じがしました。

 

発表会の後は、電話の声が

よく聞きとれなくなり焦りました。

 

無意識に、しばらくの間

耳たぶをもんだり、耳を回したり

マッサージして。

 

マッサージの効果のほどはわかりませんが

1カ月くらいたってマシにな

今はやっと元に戻りました。

 

我慢のしどころ、頑張りどころを

間違ったなと反省。

 

無理はいけませんね。

 

自分の心身の健康を守るために

自分の限界ラインがどこにあるのかは

知っておかねば。

イッツ ア スモールワールド

なーんか、つらつらと書いてたら

ナラティブセラピーみたいに

なりました(^^;

よろしければおつき合いください。

 

わたしの生きてきた世界をふり返り

 

自分の生まれた時代や環境に守られて

生まれ育った地元で、顔見知りの中で

イッツ ア スモールワールドで

 

ぬくぬくと生きてきたんだなあ、と。

 

高校受験の厳しさを知らず

また、環境が大きく変化しない

のほほんとした高校生活は

部活に明け暮れて、勉強は

定期テストの時だけ。

 

高校3年生の進路選択では

 

母子家庭の我が家の経済事情を

おもんばかってくれた担任の先生が

働きながら学べる寮のある学校を

勧めてくれたけど・・・

 

高卒で働くなんてわたしには無理。

社会に出ていくのは不安でしかない。

 

地元の4年制大学も受けたけど

あんな勉強の仕方じゃあ

受かるはずないのが今ならわかる。

 

結局、自宅通学できる

社会福祉科のある短大に進学。

 

この短大は、推薦入試だったっけか

受験科目が現国だけで

「こりゃーちょうどいいー」

とばかりに勉強したのは漢字だけ。

 

おまけに、わたしの高校から

進学したのも、わたしだけ。

 

入学すると、初っ端の友達作りや

その後の人間関係で悩みました。

 

また、短大進学の大きな目的は

保母(当時の名称)資格取得なのに

ピアノの授業や練習が、駄目で嫌で。

他の科目も、テストが負担で辛くて。

 

ただもう資格取得のために

何とか単位を取って

どうにか卒業できればいいや

そう思ってました。

 

そして、あっという間に

短大卒業後の就職を考える時期。

 

わたしは、保育実習先の保育園から

就職のお誘いをいただいたのですが

ピアノの練習がついて回ることが

どーしてもどーしても、ネックで

苦手なことにしか気持ちが向けられず

お断りしました。

 

人生のハードル、回避。

 

次に、たしか学校推薦の

地元の障害者施設の採用試験を

受けたのですが、わたしってば

採用通知をもらいながら断ったんです。

 

人生のハードル、踏み倒して回避。

なんでかっていうと

 

そこは、知的障害者の入所施設で

男性寮と女性寮があり、夜勤があります。

ここまでは承知していました、が

 

夜勤は職員1人・・・と聞いたんです。

わたし、心の中で

 

ええー!!こっわー!!

夜中に職員1人で見回りするん?

女性寮も?男性寮も?!

急病とか災害とか、何かあったらどうすんの?

そんなん、無理っ!

 

て思いました。

 

一応、葛藤した記憶あるけど

無理なときの逃げ方、すごいわ。

就職課の先生、ごめんなさいっ。

 

そんなこともありながら

地元の通所型の障害者施設に

就職が決まりましたが

短大卒業も間近になると

社会人になることが不安で

怖かったです。

 

就職を控えた同級生たちも

同じように不安を感じていたのでしょうか。

自分だけが強い不安を感じているように

思ってました。

 

中高と(短大も)同じ部活を続け

とくに高校で厳しい練習に耐え抜いたことが

しいて言えば、自分の自信でした。

 

だけど

 

スモールワールドから世間に出ていく

甘ちゃんの自分を支えるには

不十分でした。

わたしの生きてきた世界

わたしの高校受験のときの話です。

 

小中高と公立の学校に通っていて、普通に

中学校から受験して公立高校に進学しました。

 

ですが

 

世間一般的な高校受験を経験していません。

 

一般的な高校受験に対するわたしのイメージは

 

偏差値を意識する

志望校選びの情報を収集する

滑り止めの高校を決める

行きたい高校に合格するため必死で勉強する

合格して達成感を、不合格で挫折を味わう

 

といったところでしょうか。

 

さて

 

わたしが高校受験を迎えた時代は

住んでいる市の公立高校を受験する制度でした。

生徒の多くは、地元の公立高校に進学します。

市外の私立高校に行く生徒は、ごく少数でした。

公立高校は、小中学校からの同級生がたくさんいて

中学校の延長で、付き合う友達もそう変わりません。

 

しかも

 

市内には公立高校が2校しかなくて、受験校を

個々人の学力に合わせて選ぶとか、なかったです。

どっちの高校が家に近いか、みたいな2択でした。

学力レベルや学校としての特色がない2校に

市内全域の公立中学校から生徒が集まるのです。

 

すると

 

多くの生徒に、いろんな意味で負担が少なく

地元で、公立で、進学できる利点がありますが

入学してくる生徒に、まとまりがなく

国公立大学を目指す生徒から

タバコを吸って退学していく生徒まで

学力や学習態度にも、幅があります。

学校の授業も指導ものんびりしてました。

 

親として長女の高校受験を見守りながら

自分の高校受験を思いだしながら

 

わたしが気づいたのは

 

受験に関して、役に立つ経験や

アドバイスできることなど

 

わたしには何もないということ。

 

自動的に公立高校を進路選択して

振るいにかけられることもなく

厳しい競争にさらされることもなく

何の葛藤もないままに

大した勉強もしないままに

受験をして高校入学を迎えました。

 

長女の高校の入学式に聞いた

 

努力を重ねた末に

目指した目標を達成した

生徒の頑張りに対して

 

労い、讃える、先生の言葉に

 

わたしの知らない世界の存在を感じ

受験の厳しさを知らない自分を

恥じ入るような気持ちになっていました。

 

そして

 

わたしの生きてきた世界をふり返りながら

 

なんて小さな世界で生きてきたんだろうか、と。

自分の生まれ育った場所や時代の背景さえ

よくよく知らないまま、よくよく考えないまま

守られた世界で大人になってしまったのか、と。

そのことに本当に気づいたのが

自分の娘の入学式ですから

その、おめでたさったら、ないわー(-_-;)

わたしの知らない世界

先日、長女が高校の入学式を迎えました。

 

式の後のホームルームで、担任の先生から

これから始まる高校生活のリアルを聞きながら

何だかわたしは、頭がぼうっとしていました。

 

ひとことでいうならば、カルチャーショック。

 

あらためて

わたしの知らない世界の存在を感じ

あらためて

わたしの生きてきた世界をふり返りました。

長女は、地元の進学校に入学。

 

入学式の中でも、ホームルームの時も

先生方が生徒に向けて、くり返し口にされたのは

 

合格を勝ち取り、無事入学を迎えられたことへの

喜びと

○○高校を目指してから今日にいたる頑張りへの

称賛。

 

それから

 

いろんな生徒が混在する公立中学校と違い

学力の高い生徒が集まることで

授業の進度は早く、学習量も多い。

今まで取れていた点数が取れないことがある。

だからと言って自分をだめだと思わないように

予習復習を大切に学校の授業を受けてほしい。

 

これから

 

高校で求められるのは、今までのように

与えられた課題をこなすだけでなく

自分で考え工夫して学ぶ自立した姿勢。

自分の学習方法を見つけて取り組んでほしい。

 

といった、担任の先生のお話を聞いて

そんなこと・・・

最初っからわかってたんだけども

 

話を聞くにつれ、だんだんと

 

「あら(-_-;)大変なとこ、入っちゃったんだ。

勉強についていけるんやろか(◎_◎;)」

 

と心配になっていきました。

 

いやいや、長女はダイジョーブ。

全然わかってないのは、わたし、だけ。

 

娘と母親のわたしを並べて考えることが

そもそもアホやなあと思うのですが

 

子を持つ親として直面したことで

 

わたしが今まで経験していないこと

わたしがまったく考えてこなかったこと

 

に、あらためて気づきました。

 

わたしの高校受験時代にさかのぼります。

願いを叶える「ノート1ページ書き出し法」の マイルール 2

「ノート1ページ書き出し法」で得られる

気持ちが整理される効果、を期待して

マイルールにしている2つめは・・・

 

願いを書き出す筆記具に

消えるペンを使う、ことです。

 

なぜかというと

 

書き出す願いごとは

自分のことではなく、人のこと。

 

自分ではどうすることもできない

他人事に対して湧いてくる

自分の執着を手放したいので

 

願ったこと自体

忘れてしまった方がいいと思うから。

 

この願い、叶ったかな?

なんて、振り返って執着しないように

さっさと手放すための、消えるペン。

 

忘れた頃に願いは叶っています。

 

たとえ

 

願いごとが叶わなくても

最終的に、その人が幸せになったら

それでいい、それでいいんです。

 

かつて

 

家族や身近な、その人に対して

こうだったら、ああだったらいいのに

と想ってきました。

 

それって

 

まるごとその人を認めていない

その人の持っている力を信じていない

からなんですね。

 

自分の理想とする姿と

その人が違っているから

 

と言って

 

こうだったら(その人は幸せになるだろう)

ああだったら(自分も満足するだろう)

 

なんて

 

自分が求めている幸せの型に

はめこもうとして

 

その人を否定している気がするんです。

 

その人に「こうなってほしい」という

前向きな願いなのに叶わないのは

 

心の隅っこに

 

「今は、こうじゃない」という

その人を否定する気持ちが混じっているから。

 

現状がどうあれ

 

その人の今を、今のその人

「今」を、まるごと受け容れる。

 

と同時に

 

こうなってほしい

ああなってほしいと想う

「今」の自分も受け容れる。

 

だって

 

想っちゃうんだもん、仕方ないやん。

気持ちに罪はありません。

 

ノート1ページいっぱいに書き出して

願い=気持ちを感じ尽くします。

 

感じ尽くすと、自分の気が済みます。

 

気が済んだら、気持ちが手放せます。

 

手放せたら、自分の心に余裕ができます。

 

心に余裕ができたら

その人の長所が見えてきます。

 

長所が見えてきたら

その人の持っている力を信じられます。

 

持っている力を信じられたら

その人の成長や変化を待つことができます。

 

待つことができたら、願いが叶うまで

その人に寄り添い続けることが

できるようになります。

猫 ねこ ネコ 2匹 cat cats 路上 道路 アスファルト 仲良し 親子 カップル ぴったり くっつく 寄り添う 猫島 島 男木島 かわいい 可愛い キュート ラブラブ HAPPY ハッピー

願いを叶える手帳の使い方を続けてみた実感です。

 

その人、のところを、自分、に置き換えて

読んでみてもいいと思います。