サンタクロースって、いるの?いないの?

あちらこちらで流れている

クリスマスソング。

 

世界中のこどもたちの

今一番の関心事、サンタさん

について書きます

 

この画面を見ているあなたの後ろに

サンタさんを心待ちにしている

こどもがいないか確認してから

読み進めてくださいね。

 

去年のサンタさんからの

クリスマスプレゼントは

料理好きの次女(当時小5)には

ホームベーカリー

髪型にこだわる長女(当時中2)には

ヘアアイロン

でした。

 

我が家では

欲しいプレゼントを決めたら

サンタさんに手紙を書いていました。

サンタさんがプレゼント選びに

困らないよう間違えないよう

商品の型番やメーカーの情報

色やサイズ、第2希望まで書いて

写真も用意。

なぜ、それが欲しいのか熱い思いも。

もはや、プレゼン。

そして、その手紙をツリーに吊るしていました。

もはや、七夕。(笑)

クリスマスツリー

クリスマスの半年くらい前から

何を頼もうか嬉しそうに

考えていました、去年までは。

今年は、ちょっと様子が違います。

 

長女の時もそうでしたが

小学生3、4年くらいになると

友達の間でサンタ論争が起こり

サンタさんいる派

サンタさん、いない派に

分かれるのです。

 

我が家の娘たちは

小6になっても、サンタさんいる派。

 

サンタさんはいないと主張する子は

家に隠してあるプレゼントを見つけてしまったとか

プレゼントを買ったレシートを見つけてしまったとか

親がプレゼントを用意していたことを

知ってしまったとのこと。

 

友達からそんな話を聞かされて

 

去年、プレゼントをもらって感激のあまり

「ありがとう!サンタさん!!」

と、天に向かって叫んでいた次女にも

 

サンタさんを疑う気持ちがわいてきたようです。

 

「今まで値段の高い物もあったし、絶対

パパとママじゃないはずって思ってるけど

鍵かかってるのに、家に入れるのおかしいやん。

サンタクロースってほんまにいるんかなあ。。。」

と、かまをかけるようにブツブツ言いだしました。

 

そして、サンタの存在を疑いつつ

「今年のプレゼント、なに頼もうかなー?

サンタさん何でもくれるし、

どうせやったら、高いもん、たーのもっ!」

そんなことを言っています。

 

そんな次女の様子を見ていたサンタさんは

真実を伝える決意をしたのでした。

1回完結で

講師デビューから講師引退までを

さらに振り返ります。

 

大きな反省点は、原稿を頼りすぎたこと。

 

原稿がないと無理、と思い込んでいましたが

もう少しスライドを工夫すれば、もしかして

原稿がなくても話せたのではないか、と

今になって思えました。

 

そう思えたのは

自分のエピソードなんかは

いつも話すように話せていたからです。

 

意外と支離滅裂にならなかったので

「えー、なんでだろう?」

と振り返った時に

2つ理由が思いつきました。

 

1つはブログ。

 

以前

今城裕実先生の「オトナの国語講座」を

受講した時に

国語力が上げるとトークもうまくなる

と聞きました。

 

ブログで日常的に文章を書くようになって

もしかして、国語力がアップしてるのかしら。

 

2つめは

半年前から始めたカウンセリング。

 

精神分析的療法で個人分析をうけています。

どんなことをしているのか、簡単に言うと

クライアントであるわたしが

自由に思いついたことを

カウンセラーに話しています。

 

今まで考えたこともなかったけど

人に伝える練習になってるかもね。

 

とにかく

わたしも成長しているのかなあ。

まだ、伸びしろあるのかなあ。

そう思えると嬉しくて

 

まあ、なんでもやってみるもんだと思いつつ

 

でも、積極的に講師をやりたいとは思えず

 

だから、講師を続けるなんてことを考えたら

 

わたし、気持ちがしんどくなってしまう。

 

だったら!

1回ごとに完結したらいい。

そう考えると気持ちがちょっとラク。

 

万が一、また講師をすることになったら

2回目講師デビューして

すぐ引退するけど

幻の講師にご縁がありましたら

よろしく(^_-)

わたしのお守り

厳しいアンケート結果に

シュン⤵となって

講師デビューの2日後には

講師引退を決めた、わたし(笑)

 

でも

良い講座にするために

気をつけたことも

アンケートにあらわれていました。

 

たとえば

スライドの字が大きかった

具体的な内容だった

焦点が絞られていた

事例が多い

少し心が優しくなった

などなど

 

真に受けていいのか?

とも思っていますが

嬉しい評価もありました。

 

それは

長野先生の、お・か・げ。

先生からのアドバイスの

効果を実感します。

 

一応、自分で講座の内容を

組み立ててはみたんですが

やっぱり不安で・・・

そんな時こそ、長野先生。

 

わたしのお守りのような存在の

長野先生は、最近では

東京でセミナーを開催するなど

活躍の場を広げておられます。

 

ああ、ずっと

わたしのポケットに

入れておきたいのに(笑)

自分が講師の立場になることで

あらためて感じたこともありました。

 

講座を作るためには

経験や知識の蓄積、陰の努力が大切。

セミナーや講座で話している時間だけが

講師の仕事じゃないんですよね。

 

長野先生からアドバイスをもらって

参加者の時には気がつかなかったところに

細やかな配慮がちりばめられていることを

知りました。

その、参加者に対しての配慮が

講座への満足度を上げているんですね。

 

これからは

自分が講座の参加者になった時に

講座や講師への視点が

広がりそうです。

 

さて

わたしの講座のアンケートに

自分で選び自分で決めることを心がけたい」

と書いてくださった方がいました。

 

たったひとりだったとしても

わたしの伝えたいこと

そのまま受け取ってくださった方が

いたってことです。

 

よくやった、わたし!

長野先生!ありがとうございました。

講師引退

先日の講座終了後の

アンケート結果、見ました。。。

 

優しい人が多かったのが救いですが

中には、厳しいものがあり

シュン⤵となりました。

女性 女 女子 ウーマン woman 20代 30代 モデル 美人 長髪 おすすめ ポーズ 黒髪 日本人 白背景 白バッグ   レディ lady 体育座り 考える 悩む 物思い 思考 迷う ショック ショッキング 衝撃 悲しい 凹む へこむ 落ち込む 悩む 考える ネガティブ   ロングヘアー 全身 mdjf010

講師デビューしたけど

もう、引退する!(はやっ)。

ほら、すぐ凹むんだから。

 

すいません、どうかここで

言い訳劇場を上演することを

お許しください。

 

「質問タイムがなかった」のは

そもそも時間がなかったんです。

わたしの講座の後に

別プログラムが用意されていたのと、

講座終了後

仕事ですぐに会場を出なきゃいけなくて。

 

でも、不安を感じやすいわたしにとって

多勢の前で何を聞かれるかわからない質問タイムって

公開処刑みたいな気分になる(泣)

やっぱ時間があっても、やりたくない。

 

「もっと詳しい話が聞きたかった、期待はずれ」

詳しい話が聞きたくて参加してくださったのに

ご期待に応えられなくてごめんなさい(._.)

基本の〜と、ちらしに書いてはいたのですが・・・。

できる人には物足りないと思います。

わたしが伝えたいのは、やり方、ではないんです。

 

「講義型は疲れる。体験型がいい」

そりゃあ、おっしゃるとおりです〜。

でも、50人相手のワークショップなんて

わたしには、難易度が高くて。

多勢の人を相手にするのは苦手です。

 

シュン⤵となりましたが

参加者だったら感じる

「率直なご意見ご感想」だなあと思います。

 

また、良い講座にするために

わたしが気をつけたことも

アンケートにあらわれていました。

 

アンケートによって

満足度の高い講座の条件って

ほんとに見えてくるんですね。

参加者の皆さん

ちゃんと書いてくださって

ありがとうございます。

 

では、良い講座にするために

わたしが気をつけたことは・・・。

講師デビュー

「終わった、終わったー!」

 

わたしが、整理収納アドバイサーとして

約50人を前に1時間ほどお話する

片付け講座が無事終わりました。

 

50代になるまでのわたしなら

うまく行かなかったことや

出来ていないことに

意識が向いていましたが

 

現在のわたしは

初めてにしちゃあ上出来かな?

講師を無事、務め終えることができてヨシ!

そう思えるようになっていました。

 

司会からマイクを渡されて

1時間ちょい話しましたが

どのくらいたってからでしょうか。

「あれ?いつもの自分みたいに話してる」

と思った瞬間がありました。

 

人前で1時間以上も

話し続けたことなんてないので

そんなのは初めて感じる感覚でした。

 

残念だったのは、次の予定があるため

参加者のアンケート結果を読めずに

会場を後にしたこと。

 

明日はアンケート結果が見られるかな。

ドキドキ。。。

リケジョが羨ましい

小中学校のオープンスクールがありました。

 

中3の長女は、数学が苦手なんですが

現在の数学のA先生の授業が

すごくわかりやすいとのこと。

 

だから、ちょっと見にきて、と。

 

確かに、A先生の話は

無駄な言葉やあいまいな表現を

はさまないので簡潔明瞭。

 

長女によると

典型的なリケジョ(理系女子)で

国語が苦手だった、そのA先生いわく

「読解の問題とか大嫌い。登場人物の気持ち?

そんなの知るか、本人に聞けよ!」

だって(笑)

 

チャキチャキしたA先生の授業は

確かによかったけど

授業内容の相似とか

わたしは、ちんぷんかんぷん。

 

黒板を見てたら

孫悟空が頭の輪っかを締められたみたいに

頭が痛くなってきて、逃げ帰った。

 

次から、数学の授業参観はやめとく。

数学大嫌い、もうやだ(泣)

緊張のほぐしかた

来週、講座の講師をすることになっています。

初めての経験を目前にして

 

胸がキューッと縮こまって

肺に空気が入らないような息苦しさは

何回深呼吸をしてもほぐれません。

 

そんな時は

ストレッチポールを使います。

ストレッチポールの上に寝転ぶぬいぐるみ

ポールの上に

背中の中心がくるように仰向けに寝転んで

両手をバンザイしてストレッチ。

胸が開いて呼吸がしやすくなります。

 

今までを振り返ってみると

ストレスがなくなるまで

(初めてのことが完了するまで)

この緊張状態は続く、と思われます。

 

なので

緊張してるなあと感じたらほぐす、を

当日まで続けることにします。

 

 

わたしの、高まる緊張

 

成功させようと張り切って力んでいるとか

失敗したらどうしようとか

 

そんな気持ちから、起きているのではなくて

 

たぶん、わたしは

初めてのことや慣れてないことに

過剰に反応してしまう、というのか

免疫力や抵抗力が、かなり低いんじゃないかな。

 

インフルエンザも新型だと

ワクチン効かないでしょ。

 

だけど、わたし

インフルエンザにはめっぽう強くて

家族全員がかかっても

インフルエンザにかかったことないんだな。

 

心や体が

不安を感じたり緊張したりすることって

それぞれ人には、得意不得意というか

強い分野、弱い分野があるのではないかしら。

 

講師をすることが決まってから

時間をかけて資料を作って人に見てもらい

フィードバックをもらっては作り直して

準備してきました。

 

初めて不安を具体的にひとつひとつ

解消してきたというのに

この後に及んで感じるネガティブな感情。

 

この、漠然とした不安や緊張って

元来自分が持っているものではないか

と思うようになりました。

 

わたしにあるもんで。なんだから

 

不安になったり緊張するのは

悪いことでも、だめなことでもない。

 

不安を感じない自分にならなくてもいい。

緊張しないように頑張らなくていい。

 

ストレッチポールを頼りに

不安と緊張を感じつつ

こんなわたしで、当日を迎えます。

高まる緊張

あーー、また来た、この感じ。

 

緊張で、胸がキューッと縮こまって

肺に空気が入らないような息苦しさ。

 

5月に続けざまに起こってから

半年ぶり。

 

例の初めて不安です。

 

初めてのことが起こる日まで

残り10日を切ったのです。

 

人生って

自分の予定になかったことが

起こりますね(@_@;)

 

初めてのことって・・・・・

片付け講座の講師です(-_-;)

 

今、しんどくて

詳しいことを説明する気が起きませんが

実はその講座、ゾロ目の日にあるんです・・・。

 

ああ、胸だけじゃなくて

頭も痛くなってきたわ。

ゾロ目を見る

 

靴 スニーカー 子供 男の子 1歳 1歳半 赤ちゃん 並べる 履く 準備 シューズ atohs 子育て 育児 玄関 出発 お出かけ お手伝い お利口 自分の パパの お父さんの 揃える 教育 しつけ 向きを揃える おニュー お気に入り 練習 出来る 自分で

半年くらい前からでしょうか

ゾロ目を見る回数が増えています。

 

朝起きてスマホで時間を見たら

5:55

お昼ごはんを食べる時にスマホを見たら

12:12

買い物したら、おつりが

444円

 

てな感じ。

 

スマホを見る回数が多い

だけかもしれないけど

「ゾロ目を見る」でググると

スピリチャアルなページが出てきました。

 

んー、あんまり、興味ないんだな。

 

ゾロ目を見た時は

「おっ!」

わずかに喜びます。

 

そろうと嬉しい。

それだけ。