わたしの勝手な推測

わたしのブログのアクセス数が増えたきっかけに

ひとつ、思い当たることがあります。

 

それまでにないアクセスがあったのは

昨年の今頃で、わたしの勝手な推測ですが

とある記事を投稿したタイミングでした。

 

その記事には、あんまり人に話してこなかった

わたしの率直な心のうちを書いています。

 

その記事に関心を持った人が、たくさんいた

としたならば、なんとなく、わかる気がします。

身近な人に、ちょっと話しにくい話題かも。

 

実際に困っていることから、話をしたなら

「あるある」とありがちな話として

「うちもよ」と表面的に同感されて

世間話で終わってしまうことが多いからです。

 

自分の感情に気づくところまでは行きつかないし

でもそんなこと、世間話の相手に期待できないし。

 

だから人は、リアルではなくインターネットで

解決や気づきのヒントを探すのかなあと思います。

わたしはそうしてきましたね。

 

それから、増えたアクセスを見て驚いたのは

 

ツイッターやフェイスブックページの

フォロー数を見ているだけではわからない

ブログを読んでくださっている方がいる事実。

 

このようなつたないブログに

ご訪問くださりありがとうございます。

ブログのアクセス数が増えた

ブログでやめたこと

ツイッターでやめたことなど

 

自分が負担に感じることを減らしたら

ブログのアクセス数が増えていた?

 

事柄の、やる、やらない、を整理した

片付け効果かしらん。。。

 

ツイッターで、フォローやいいねがついたら

やっぱり、嬉しいもんです。

 

だから、本来の目的ではないことに

意識を持ってかれるのかしら。

 

わたしがツイッターをやっている目的は

 

気持ちを溜めてしまわないように、つぶやく

ことで、自分の心を軽くしておきたいから。

 

だったのに、心を重くさせて、どうするよ?

 

わたしも、フォロー返さないと。。。

わたしも、何か反応しなければ。。。

 

いつの間にか、そんな思考のループにハマッて

人と同じことをやろうとして、しんどくなるパターン。

 

SNSと わたし、良い関係でいたい。。。

 

そもそも、わたしって内向的で愛想もよくない。

積極的なやりとりにエネルギーを消耗してしまうなら

ツイッターの投稿は、出すだけ読むだけ、にすれば?

 

そうだ、もういいや!

 

わたしの投稿は、すべて、一方的でいい!!

と決めたら、気持ちが落ち着きました。

 

そんなある日、ブログのアクセス数が

増えていることに気づきました。

 

一方的にでも、ツイッターの投稿を続けている効果?

だとしたら、ツイッターの拡散力ってすごいね。

ツイッターでやめたこと

ブログでやめたことのほかに

ツイッターでやめたこともあります。

 

積極的にフォローするのをやめました。

 

ブログやツイッター、趣味でやっていますが

始めた頃の、右も左もわからない時には

 

ブログやSNS運営のコツなどが書かれたサイトで

人に読んでもらうために、勉強したりなんかして。

 

「投稿記事にはアイキャッチのための写真を」

と書かれていれば、ふむふむと実践しました。

 

記事を読む立場になると、たしかに

写真に目を引かれて読みたくなります。

 

なので、無料写真素材も使い始めたのですが

いろんなところで同じ写真が使われているのを見て

 

時間をかけて選んで、人と同じは嫌だなと思い

結局、無料写真も使うのをやめてしまいました。

 

ツイッターは、すぐ消えていく泡のような気持ち

大切にしたくて始めました。

 

ツイッターで、ほかの人の様子を見たりすると

 

ツイッターでブログ更新のお知らせを始めたら

読者を広げる努力もいるのかしらー、と思い

 

フォローされたらフォロー返しするのがお作法?

そーゆーものなのかしらー、と思い

 

フォローしてフォロー返して、とやってたけど

そのうちこれも、しんどくなってやめました。

 

なにか理由付けをしてフォローしたり

フォローを返さないことに気を使ったりすると

 

心のエネルギーが消耗しているように感じられて

しんどいことはどんどん手放すことにしました。

 

今はマイペースでツイッター楽しんでます。

フォローもフォロワーの数も、ぜーんぜん増えてません。

 

ところが、ブログのアクセス数が増えたのです。

思いがけない精神的なプラス

写真の投稿をブログでやめたこと

どんなプラスになったのかというと

 

わたしの世界観が広がったんですよ。

 

どういうことかと言いますと・・・

 

フェイスブックページのURLが変わりました!

のお知らせに書いてますが

『あるもんで。の庭』として

FBページを活用することにしたんですね。

 

時間がかかるブログでの写真投稿をやめて

FBページの簡単な活用方法として

写真を投稿することにしました。

 

通勤の行き帰りや休日の隙間時間に

意識的に写真を撮るようになって

仮想の庭づくりを楽しむように。

 

あるもんで。の庭』は、わたしの庭。

わたしの心が動いたものにカメラを向けると

写真に統一感が出てきました。

 

そんなある日、ふと、思ったんです。

 

写真に写っているものは

わたしが持っているものではないけれど

わたしの目に入るものは、わたしのものなんだ。

 

「思ってたより、わたしの庭って広い」

 

だってね、わたしの庭には

海にも空にもかかる橋とか、あるんだよ!

壮大な庭!!すごくない?!(笑)

 

そう思い始めると

「自分が存在するこの世界は、わたしの庭」

なんだって感じることができました。

 

それまで、自分は世界のはじっこにいて

はじっこから世界を見ていた感覚だったのが

この世界の中心に自分がいると思えたんです。

 

わたしの世界観、変化しました。

ああ、心って自由だなあ。

ブログでやめたこと

ブログ始めたのも、働き始めたのも

だいたい同じで4年目になります。

 

その間の、生活や気持ちの変化もあり

それまでやっていたことをやめるなど

ブログも変化しています。

 

ブログでやめたことは、写真の投稿。

 

ブログを始めて3年目までは

自分で撮った写真や無料の写真素材を

ブログに載せてました。

 

それをやめました、時間がかかるから。

 

ブログの投稿は

記事全体が見渡しやすく作業しやすいので

パソコンからしてます。

 

自分で撮影した写真を載せる時は

スマホで撮った写真をパソコンに取り込むのに

まず、時間がかかります。

 

そして、取り込んだ写真をパソコンから選んで

ブログの管理画面から投稿するのにも

まあ、時間がかかります。

 

ブログの管理画面で写真が逆向きになったり

スムーズにいかないことが多かったので

 

無料の写真素材を使い始めたのですが

素材サイトの写真って、無限!大量やん!!

絞り込んでも写真選びに、時間がかかる!

 

とにかく、わたしは、投稿作業に

時間とエネルギーをかけたくなくて

ブログへの写真の投稿をやめました。

 

スマホで撮った写真は、スマホで編集できて

写真の投稿も、スマホからするのが一番手軽。

 

載せたい写真は、スマホで撮影して

スマホから、ツイッターとFBページに

投稿することにしたら、作業が整理されて

モタモタ、イライラする時間が減りました。

 

モタモタしたり、イライラする時って

変化するチャンスですね。

 

ブログをやる負担を軽くするために

やり方を変えたり、作業を減らしたりしたことが

思いがけない精神的なプラスにつながりました。

わたし人生史上、一番泣いた日

その場にいる誰より、わたしは泣いていた。

Iさんのお葬式は、自宅での家族葬だった。

 

お身内とご近所の方を合わせて10人ほどが

気気鵑僚擦鵑任い織魯ぅ弔忙歌鵑靴拭

 

わたしは、お通夜にもお葬式にも

娘2人を連れて行った。

 

Iさんは、わたしの娘たちにも

お菓子やおもちゃを持ってきてくれたり

ほめ言葉をかけてくれたりした。

 

愛情深く、与えることを惜しまない人だった。

 

Iさんが、母とわたしにしてくれたこと・・・

 

母と友達になってくれたこと。

母の部屋に遊びに来てくれたこと。

母のことを本気で「好きやもん」と言ってくれたこと。

母の長所や恵まれていることを率直に言葉にしてくれたこと。

母と仲が悪いわたしに説教したり、責めなかったこと。

母に、わたしの車を買い替えてあげるように言ってくれたこと。

母と一緒に、高齢者施設の見学に行ってくれたこと。

母に一人暮らしを勧めてくれたこと。

母の借りるアパートの内覧や契約に同伴してくれたこと。

母のアパートに足繁く通ってきてくれたこと。

母に認知症の検査を受けさせるため、病院に付き添ってくれたこと。

母名義の預金の解約のため、母と郵便局に居てくれたこと。

 

・・・たくさん、たくさん、ある。

 

Iさんと一緒に居る母は、気持ちが穏やかで

文句を言いつつ、Iさんの言うことは聞くのだ。

 

わたしは、母とわたし2人きりになることに

耐えられない精神状態になってしまっていて

 

本人が行かなければならない病院や

本人確認の必要な手続きに、母を連れ出すのが困難だった。

 

わたし一人では、絶対にできなかったことを

必要なことの全部を、気気鵑呂笋辰討れた。

 

Iさんに、感謝しても感謝し尽くせない思いが

あふれてきて、わたしはお礼の手紙を書いた。

そして、棺の中のIさんに手渡した。

 

しゃくりあげ、ボロッボロになって泣いている

わたしの顔を、娘が心配そうに見上げていた。

周囲の視線も感じたけど、どうしようもできない。

ハンカチなんて、何の役にも立たなかった。

 

お葬式には母も参列していたはずなのに

母のことが全く思いだせない。

 

わたしの母親はIさんだったんじゃないか、、、

マジで思ったくらい、泣いた。

母がかわいそうになった

母と一緒に暮らし始めたけれど

 

お互いに干渉し合わない距離感や

良好な関係に変化する可能性を

持てないまま

 

同居して4年目には

母に認知症を疑う症状が出はじめた。

幼児がいる家庭が壊される恐怖を感じた。

 

万事休すで、袋小路に入ったわたしを

助けてくれたのがIさんだった。

 

8月も終わりに近づいた日のこと。

わたしの携帯に、Iさんからの着信。

携帯に出ると、会ったことがない

Iさんの娘さんだった。

 

身構えたわたしに知らされたのは

Iさんが今朝亡くなったという訃報。

 

Iさんの家は、わたしの家から歩いて2分。

そういえば早朝、救急車のサイレンを聞いた。

 

Iさんは86歳と高齢だったけど

めちゃ元気だった、あまりに突然すぎる。

 

わたしは、動揺しながら娘さんのお話を聞いて

すぐに、母のアパートに電話をした。

 

3ヶ月前に、我が家から引っ越した母は

近くのアパートで1人暮らしを始めていた。

別居が実現したのはIさんのおかげだった。

 

訃報を告げると、母は「えええ?!」と驚き

電話の声だけで十二分に伝わってくるくらい

ショックを受けているのがわかった。

 

知らせた時間に母のアパートへ迎えに行くと

母は、何の準備もしていなかった。

わたしが「お通夜に行くよ」と言うと

母は「誰の?」と言った。

 

あれだけ驚き、ショックを受けていたのに

母はもう忘れていた。

 

もう一度Iさんが亡くなったことを伝えると

初めて聞いたかのように、母は驚いた。

わたしは、母がかわいそうになった。

 

そして、Iさんの亡き骸を見て

3度めのショックだ。

 

忘れてしまうがゆえに

大切な人が亡くなったショックを

何度も味わわなければいけないなんて。

 

わたしは、たぶん初めて

母をかわいそうだと思った。

『生活に活かす人格適応論』✕『あふれでたのはやさしさだった』

今、『生活に活かす人格適応論』

という本で、人格適応論を勉強中。

 

人格適応論は

交流分析をベースにした

自己分析や他者理解をするための

性格心理学です。

 

本から以下の文章を抜粋します。


人は誰でも人生の初期に、親に自分の存在を認めてもらうために様々な適応を試み、快適に過ごすために有効な適応法を身につけ、成人になっても実行する』とし、

 3つの「心理的に生き延びるための適応型(0歳〜1歳半の間に表れる」)と

 3つの「行動上の適応型(1歳半〜6歳の間に表れる)」の、

 計6つのタイプに、人格の特徴を分類しました。


適応型の特徴を知って

自分の生き癖に気づくことで

生き方をより良く、より幸せな人生に

変えていくきっかけになります。

 

『生活に活かす人格適応論』(平松みどり・編著)

と同時に、たまたま

『あふれでたのはやさしさだった』(寮美千子・著)

という本を読みました。

 

この本は、奈良少年刑務所の受刑者の少年たちが

作家、寮美千子さんの「絵本と詩の教室」をとおして

変化していく姿が描かれている実話です。

 

リンクしました!

 

彼らが、過酷な環境を生きていくために

身につけた心の鎧が、適応タイプなのでしよう。

 

彼らは、絵本や詩を学ぶことで

心が癒され、本来の自分に戻っていきます。

そんな姿が、関係者の温もりを感じる

言葉や描写で、丁寧に綴られています。

 

そして、彼らには

なかなか声の出ない子がいるのです。

 

リンクしました!

 

わたしの、9月のブログ記事に重なります。

 

安心で安全な場所がなかった子たちは

気持ちが出せない、自分とつながれないのです。

 

自分が誰かに受け容れられることで

安心して自分の気持ちを表現できる。

 

自分が自分を受け容れることで

初めて自分につながることができる。

 

場の力ってすごい。

言葉の力ってすごい。

人がまっすぐ伸びようとする力に変わるんだ。

 

ひとりとして変わらない子はいなかった。

と、著者は書いています。

 

わたしも、人が本来持っている力を

心底信じたい、信じようと思いました。

限りなく自分に近づいてきていると感じた瞬間

声を出すことは、本来の自分とつながること。

言葉を出すことは、自分の気持ちとつながること。

 

このことを

わたし自身、体験的に感じてきました。

 

また

限りなく自分に近づいてきている

と感じた瞬間もありました。

 

ある朝のこと。

煮魚をお皿に入れラップをかけ終わったら

吊戸棚のラックに戻したラップが突然落ちてきて

箱の角が煮魚を直撃!

 

硬いラップの箱が直角に刺さって

身崩れした煮魚を目の前にして

 

わたしは、淡々と

「あーあ、無残・・・」

と、心の中だけで、つぶやいたそのコンマ1秒後

「んがあーーー!!」

と吠えた。

(本来の自分は野獣やな(^-^;)

 

わたしは、淡々と表情にも言葉にも出さず

反応そのものを表現しないで

そのままそれでおしまいにしようとしてた。

 

長い間、人生の多くの場面で、そうやって

わたしは生きてきたのだけど

 

たった一切れのサバを目の前にして

実は、わたしの心は大きく動いていて

 

上からラップの箱が落ちてきたことに驚き

わざわざ朝から作った煮魚の無残な姿に

ショックを受けたんだ。

 

ハプニングに対する瞬間的な反応には

コンマ1秒の時差があったけど

吠えることで、驚きや衝撃、動揺した気持ちを

表現したんだって気づいたら

感情を解放できるようになってきてるんだな

って思った。

 

そばにいた長女が

「最近、ママ、よく叫ぶよね?」

と言った。

 

あ、やっぱり(笑)

 

この出来事をきっかけに

思ったことは、なるべくその瞬間に言葉にする

努力を、意識を、するようになりました。

そのためにツイッターも使い始めました。

 

ささいなことに、心が大きく動くことがある。

自分が、心が、感じていることを大切にしょう。

 

ささいな気持ちもなおざりにしない。

心が動いて感じたことは

言葉にして、口から出そう。

 

気持ちを溜め込まないようにしよう。

独り言だっていいから

言葉にして、口から出そう。

 

いつも、わたしがわたしでいるために。

喉まで出かかっても、けして言葉にはならない時

とっさの時に大声出せる?って

わたしの20代半ばの、怖かった体験を

書いていたら、他にも

声が出せなかったことがあったのを

思い出した。

 

障害者施設で働いて、1、2年目の頃です。

年度末に総括会議というのがありました。

年度始めに立てた方針や目標に照らして

1年間の活動を振り返る会議です。

 

会議の最後に、職員がひとりずつ

1年間の感想を言う時間があって

わたしの番になったんだけど

何もしゃべれなかった。

 

会議といっても

毎日一緒に仕事をしている人ばかりで

堅苦しい場でもないのに。

 

自分の感じたことを話そうとしては

生唾を飲むばかりで、声にならなくて。

結局ひとことも発せないまま。

 

その後、どうやって会議が終わったのか?

その出来事を、どう自己分析したのか?

はっきり憶えてない。

 

恋のセンサーの反応点


そもそも自分が感じていることに気付かない。

自分がなにか感じているけれど、それがなにかわからない。

感じたなにかがわかっても言葉にすることができない。

感じたことを言葉にできても口から出せない。


と、書いてます。

 

20歳前後のわたしは

自分のことが嫌で嫌でたまらなくて

今の自分は本当の自分じゃないと否定し続けて

ありのままの自分にオッケーが出せなくて

自分の気持ちを素直に感じることができなかった。

 

どうしようもなく心が傷ついた時も

「これくらい平気、平気」

と、自分の気持ちをごまかしてきた。

 

声を出そうとして出せない時って

 

自分に気づかれることもなく

心の奥底に沈めてきた気持ちが

溜まりに溜まって口からあふれでそうになっても

気持ちを感じることを許さない自分が

喉を絞めつけ、表現させまいとする。

素直に感じたことが喉まで出かかっても

けして言葉にはならない。

 

そんな感覚でした。

 

そんな感覚は、今思うと

体からのメッセージ、だったんだな。

 

「もう、限界だよ」って。