食器棚のロックダウン

コロナショックで

外出自粛が長引いていますが

 

家にいる時間が長いと

部屋が散らかりませんか?

 

我が家は4人家族。

自営業になった夫は、常時在宅。

中高生の2人の娘も休校のため

ほとんど家にいます。

わたしは定期的に出勤しますが

休日はひきこもり。

 

家族揃って家にいる時間が長いと

家の中が、とっ散らかります。

特に、流し台に洗い物が増えて

困っていました。

 

各自が、好きな時に好きなものを

ちょいちょい、食べて飲んでするので

流し台には使った食器がてんこ盛り。

 

1日に1人1回は洗い物をしようと

夫が声をかけてやってくれましたが

洗い物が減るわけではなく

ええかげん、うんざりです。

 

そこで、使う食器の数を制限しました。

 

1人1カップ1ディッシュ1ボウル。

それ以外の食器を出さないように

ビニールシート(ゴミ袋)を

かぶせました。

 

料理に合わせて食器を変えるという

お楽しみはありません、てか

普段からそんなことしてへんやん。

 

使う食器の数を決めたら

 

洗い物が激減!!楽ですー!!

洗い物の山を見なくてすむだけでも

ストレスが減っていると思う。

 

しかーし、家族了解のもと

取り決めたルールでも

決められた以外の食器を出す輩が。。。

 

ルールを徹底するため

食器棚をロックダウンしました(笑)

 

あ、うちの食器棚、実はタンスなんだ(^^ゞ

今までとは違う景色

4月になりましたね。

年明けからの長かった3ヵ月が

やっと終わりました。

 

1月には

 

ダブル家問題が完了したら

生きていくステージが変わって

今までとは違う景色が見えるんじゃなかろうか

 

なんてことを書いておりましたが

たしかに、変化がありましたね。

 

内面的には

 

心の地雷を覆うものに気づいたり

不完全燃焼の怒りを出しきったり

気持ちの整理がすすみました。

 

具体的には

 

まず、昨年9月末に退職した夫が

フリーランスで仕事を始めました。

 

そして、わたしは収入が増えることに。

 

今年度から、賞与がもらえる制度になり

また、出勤日数が増えるので月収も増えます。

 

ワークを減らしてライフの時間を増やしたい

同僚と、出勤日数を交替したんです。

 

娘たちの教育費が必要になる時期を前にして

環境を変えずに、わたしの収入を増やせるのは

ありがたい提案でした。

 

夫婦合わせた収入が、何の心配もないほど

保障されてるわけでは、全くないんですが

なんか、やってけそうな気がします。

不思議と不安は感じてないです。

 

こーゆーのを

 

生きていくステージが変わって

今までとは違う景色が見える

 

というんじゃないかな。

 

さあ、次は

新型コロナ問題をどう克服するかだわ。

八つ当たり

パラサイトの恐怖で気づかなかったのか。

不完全燃焼 のままの怒りを自覚した。

 

入居者が引っ越した後には

処分しきれずに残していった

数点の大型ゴミがあった。

 

大きくて重量もある家具などで

入居者母娘2人では運び出せないのと

行政の回収にも費用がかかるので

処分を先送りされたものだ。

 

わたしは

あからさまではないけど、入居者が

周囲の親切心をあてにしているように

感じていた。

 

結局、ハウスクリーニング業者のSさんが

大型ゴミの回収と処分を引き受けてくれて

入居者に返す保障金から費用を出すことに

なり、三方よしで落ち着いた。

 

問題を長引かせない方がいいと

わたしも頭では理解していたが

「ちゃんと最後まで片付けてよ!」と

意地悪を言いたい気持ちでいっぱいだった。

 

女性だけで運び出すのは大変だと、夫から

入居者を思いやるような、かばうような

言葉を聞くと、ブスブスと怒りが燻ってくる。

夫に対しても、入居者に対しても。

 

このことが

 

ブログ記事のおんなじ人の中で

 

そしてこれは、わたしの母娘関係の中にあった

悩みを想起させるからだと思うのですが

 

と書いていることです。

 

どういうことかというと

 

母子家庭で育ったわたしは

こどもの時から、周囲の大人たちに

「女手一つでお母さん、頑張ってこられたね」

「お母さん、ひとりで大変やから助けてあげて」

という言葉をかけられてきました。

 

ひとり親の、母は、称賛され擁護され

ひとり娘の、わたしは、支える立場を

求められてきたのです。

 

その母娘関係を

入居者とわたしとの関係に

重ねていたのだと思います。

 

わたしが母の話を人にすると

「お母さんの苦労、わかってあげて」

「そんなん言うたら、お母さん可哀想よ」

ひとり親の母をかばう言葉が返ってきました。

 

そんな風に、周囲の人に言われ続けたら

「わたしがわがままなんだ」

そう、思うようにもなるよね。

 

わたしの立場で、話を聞いてもらえない悲しさ。

感じていることを訴えても、理解されない無力感。

 

行き場を失い、心の底に沈めてきた気持ちが

家庭環境の似た入居者を縁にして

怒りとなって浮びあがってきたんですね。

 

ようするに、八つ当たりだな。

 

そう考えると、こうして

怒りに気づかせてくれて

怒りを出し切らせてくれた入居者に

感謝の気持ちが湧いてきますよ。

 

入居者母娘の人生に幸あれ、と祈ります。

不完全燃焼

不完全燃焼の怒りが出てきました。

もう、当人には直接言えないので

すみません、陰口になります。

不快な方はスルーしてくださいね。

 

 

「わたしは大家をやめる」と

わたしを主語にして結果を決めたら

退去に向かって大局が動き出した。

 

入居者からは

内覧した物件の写真や選ぶ条件など

具体的な情報が伝わってくるようになり

「ここに決めました」と連絡があった

物件は、新築のような綺麗なハイツ。

 

「ナニ?!コイツ!!」

夫を相手に、わたしは毒を吐いた。

 

わたしたちは

入居者宅に足を運び、生活状況を聞いて

ウチの家賃を下げたのに、このハイツは

滞納した家賃よりも、家賃が高いのだ。

 

その後、二転三転あって

結局、入居者は別のマンションに

引っ越して行った。

 

実家問題が解決して3か月たったが

感情って、出しきっていないと

ブスブスと燻るんですね。

 

燻らせた原因が思い当たりました。

わたしを主語に

〜だけどもうこれ以上、我慢できない。

 これは、単なるわがままなのか。 

 不安や恐怖を抱えていたくないという

 わたしの気持ちは尊重されないのか。〜

 

わたしの、パラサイトされる恐怖は

人にはわかってもらえない。

 

そして

 

当の入居者は、のらりくらりとやり過ごし

引っ越し先を本気で探している様子がない。

 

こんこんと怒りが湧いてくる。

 

「入居者は」「入居者が」

「早く出て行って!!」と思うと

 

わたしがひどいことをしているようで。。。

でも、どうしても今退去してほしくて。。。

 

わたしの心はどんどん苦しくなっていって

その苦しさの原因に気がついた。

 

わたしは、実家問題の解決は

「入居者が」退去する、ことだと考えていた。

 

だけど、いくら入居者を詰めても

入居者のことは入居者にしか決められない。

 

わたしに決められないことを思い悩むから

いつまでも苦しいのだ。

 

だから

 

わたしは言葉の使い方を変えた。

 

わたしは、この実家問題をとおして

何に気づき、どうなりたいのか?

 

実家を賃貸するだけの大家であっても

わたしには不動産管理業は向いていない。

今回のような不安や恐怖を感じる可能性が

微塵でもあることは、やりたくない。

わたしはもう大家なんてやめたい。

 

「入居者が」退去する、から

「わたしは」大家をやめる、に

 

わたしは言葉の使い方を変えた。

 

すると、心が軽くなっていく。

罪悪感を感じなくてもいい。

 

だってわたしは、入居者の不幸を

願っているわけじゃないんだもん。

わたしの率直な思いを表現したいだけ。

 

わたしは言葉の使い方を変えた。

 

不安と恐怖と怒りが渦巻く苦しさから

逃れることができたのは。。。

 

わたしを主語にして結果を決めたから。

 

最終的に、望んでいた以上の結果になった。

パラサイト

〜難関突破〜した実家の問題について

整理しておきたいことが、まだあります。

今年度中にスッキリしたいので

つらつらと書いてみます。

 

賃貸にしていたわたしの実家の入居者の

家賃滞納がわかってからというもの

わたしはずっと気に病んでいました。

 

家賃が入れば安心できるわけではなく

悩みの根幹はお金ではなかったのです。

 

わたしを襲う言いようのない不安感を

やっと言語化できた時には

「寄生」

という言葉が出てきました。

 

約束を守らない、場当たり的な入居者が

家賃を払ったり、払わなかったりしながら

ずるずると住み続けるのではないか。

 

過去にも、別の相手に

似たような恐怖を感じたことがあります。

 

これって理屈ではなく、感覚です。

これが、悩みの根幹でした。

 

わたしの感じている不安や恐怖は

夫に、全然伝わっていなかったし

友人に、実家の話をしてみても

お金や解決手段、具体的なことが

話の焦点になるので、まったく

わたしはすっきりしませんでした。

 

退去通告後1カ月たっても

入居者から連絡はありません。

 

電話では埒が明かないので

入居者とのやりとりはメール。

 

「すいません、すいません」

と、口先で謝るおんなじ人です。

 

「お願いします、お願いします」

と、くりかえすだけの入居者に

行動を起こしてもらうために

 

家賃の安い物件の情報を添付したり

物件のちらしや内覧に行った写真を

送るようにお願いしました。

 

脅したり詰めたり労ったり諭したり

する文章を、夫がメールで送りました。

 

返信されてくる入居者の短い文章から

歩んでこられた人生をうかがい知りました。

 

死別、離散、母娘、障がい、低所得。。。

 

わたしは、社会的弱者である入居者を

退去させようとしていました。

 

でも、この機会を逃して先延ばししたら

退去してもらうのは、もっと難しくなる。

 

わたしが、早く早くと焦る気持ちを出すと

いくら契約だからといって即日退去は無理。

入居者だって、準備期間は必要だろう。

正論で、夫に諫められました。

 

〜そんなこと、わかっている。

 だけどもうこれ以上、我慢できない。

 これは、単なるわがままなのか。 

 不安や恐怖を抱えていたくないという

 わたしの気持ちは尊重されないのか。〜

 

行き場を失った〜わたしの気持ち〜に

怒りが渦巻いて

「早く出て行って!!」と念じると

心がどんどん苦しくなっていきました。

 

その苦しさから逃れることができたのは。。。

しゃれたヘアスタイル

コロナで休校になってかれこれ2週間。

皆さま、いかがお過ごしですか。

 

我が家は、最悪の事態を想定して

情報収集と対策をしましたよ。

 

退職して出不精になった夫と娘2人

ほとんど外出してません。

わたしも休日はずっと家にいます。

 

DVD鑑賞など、それなりに

楽しみながら過ごしていますが

 

ブログ記事も家の話が続き

家にいて家のことばっか考えるのは

さすがに疲れてきましたね。

 

まだ家問題で書きたいことがあるけど

後に残しておいて、今日は

まったく関係ないことを書きまーす。

 

さて

 

夫の両親は社交ダンスをしています。

パーティーでおしゃれする機会が多いです。

 

ある時、義母がわたしに

ヘアスタイルの話を振ってきました。

 

義母 「次のパーティーでは、 ヤッカイマキに

    してみたいんだけど、難しそうで・・・」

 

わたし(ヤッカイマキ???????)

   「もしかして、”夜会巻き”のことですか?」

 

義母 「え?!”夜会巻き”って言うの?

    難しくて、やっかいだから

    ”厄介巻き”だと思てたわー(笑)」

 

こう言いながら、お互い爆笑しました。

「コーディネートは、こうでねぇーと」

というおやじギャグが大好きな義母です。

改修工事が終了

ダブル家問題のふたつめ

我が家の改修工事が終了しました。

 

工事終了のサインをして驚いたのは

1月11日着工で、3月3日終了だったこと。

家問題、ゾロ目を見ることが多かった。

 

改修工事について悩んでいた夫は

昨年末の契約前から工事終了までの

約2ヶ月間、戦闘モードでした。

 

わたしが戦ったのは風にあおられた波板。

工事のために、ベランダの屋根の波板が

緩んだところへ、夜中に大風が吹いた。

 

バッタンバッタン、ものすごい音がして

波板が吹き飛びそうで怖くて寝られず

最終的に、波板を外すことにしたら

外して持ち上げた波板がデカ過ぎて

風で折れて飛んでった(泣)

 

今回のような工事って

わたしの苦手分野が集結していて

 

間取りや動線など、家の空間に関しては

わたしのこだわりや意識があるのですが

家の外側への関心は薄くて

 

費用や工程に関わる調整や交渉も必要に

なるから、家にいる夫が対応してくれて

本当に助かりました。

 

夫は、家の外壁や屋根の構造をはじめ

塗装方法や塗料の種類、建材等について

この2ヶ月でかなり詳しくなりました。

塗装会社の社長よりも(笑)。

 

そして、施工主でありながら

現場監督であり、親方であり、職人。

ほんま、すごかったわ、お疲れさん。

屋根に上って作業されるのは

ヒヤヒヤしたけどな(◎_◎;)

 

今回の外壁および屋根の改修工事について

我が家が学んだことを記しておきます。

 

1・地元の業者が安心とは限らない

2・完全自社施工を真に受けてはならない

3・条件が揃えば、雨漏り鑑定は素人でもできる

4・社員を抱えている業者は費用が高い

5・下りた保険金の額を業者に伝える必要はない

6・現場経験も知識もなく塗装業をしている人がいる

7・職人へのリスペクトがない業者は最低

8・見積書記載の材料がそろっているか要確認

9・家の不具合の詳細や特徴がわかるのは住人だけ

10・腕のいい職人とつながりを作る

 

以上、ご参考までに。

 

ひとことで言うと「いろいろ」ありましたが

無事故で工事は終了しました。

塗装職人さんがよかったのが救いです。

我が家は見違えるようにきれいになりました。

 

春です!! 家もリニューアル!

フィーバー

実家が売れた

フィーバーしたのは、売り値!!

 

不動産の広告ちらしを作成するため

S不動産のSさんが売り値を聞いてきた。

 

売り主が好きに決めていいんだって。

反応を見て下げていくこともできるって。

 

近隣の売買物件の相場情報と

夫の予想した、ターゲットと購入動機を

参考に(した結果ドンピシャだった👌)

高めに設定したのが、次のやりとり。

 

夫    「530でも売れるんちゃう?」

わたし「550は?」

夫  「なんで?」

わたし「行け行け、GOGO!(笑)」

夫      「ふざけ過ぎて、値切られるで」

わたし「じゃあどうせなら、555にしちゃお」

夫      「目立つかもね」

わたし「こんなん好きな人、絶対いるで」

 

家探しって、出会い。

出会いを引き寄せるのは直感。

 

人生に影響する大きな買い物だから

幸先よく買いたい人もいるだろう。

 

最終的に決めるのはわたしだから

売り主として数字にメッセージを込めた。

 

夫がSさんに電話して

「555でお願いします。」と言ったら

Sさんの第一声は

「フィーバーですね!!」だった。

 

わたしの心の隅のはじっこの方〜には

 

「えー」とか

「それはちょっとー」とか

 

わたしの気持ちを挫くようなことを

言われるかも、、、と身構える自分が

ごく、微量だけれど、いた。

 

きっと、わたしのこれまでの人生には

「好きにしていいよ」と言われて

本当に好きにしてたら文句や嫌みを言われる

というパターンがあったのだと思う。

 

それが、「フィーバーですね!」

と、明るくノッてくれる予想外の反応に

わずかに残ってたパターンも

崩壊したんじゃないかな。

 

Sさんの言葉に

わたしはすべてを受け容れられた感じがした。

わたしが隠し(?)持っている

遊び心やふざけ心まで、まるごと。

 

Sさんの反応に

わたしは、根拠のない自信を持って

なーんか知らんけど

家は売れる、気がした。

 

そしたら、一週間後には家の買い手が現れた。

驚いた、笑った、嬉しかった。

 

だけど、嬉しかったのは

家が売れたことや高く売れたこと

だけじゃない。

 

自分が決めた値段で売れたことが嬉しくて

自分が決めたことが叶った、という体験が

わたしの大きな自信になった。

 

自分の人生の舵を

自分がしっかり握っている

そんな感覚。

 

行け行け、ゴーゴーゴー!!

実家が売れた

ダブル家問題のひとつ

わたしの実家問題が、2月に完全解決。

 

我が家史に残るであろう伝説を

ここに書き留めておこう。

 

神のような、S不動産のSさんの降臨で

とんとん拍子に実家問題は片付いた。

 

昨年の12月24日、入居者がやっと引っ越し。

年内に解決したくて27日に退去の立ち合いを

決めて、賃貸にしている実家に向かった。

 

入居者(女性店主とおんなじ人)と

ハウスクリーニングの見積りを依頼したSさんと

わたしたち夫婦が顔を合わせた。

 

その場でのやりとりに安心感を感じた。

不動産売買もされていることをうかがい

まるごと、Sさんにお願いすることにした。

 

1月中旬には

 

入居者の残した大型ゴミの処分と室内の掃除。

きれいになった室内の写真を撮影して

広告ちらしの作成、ちらし配布と同時に

ネットにも物件情報をアップ。

 

Sさんは、これらひとつひとつの仕事の前後に

確認や報告のために、こまめに連絡をくれた。

 

まだ売却依頼の契約をしていないのに

良心的で親切過ぎて、本当に大丈夫?

と、疑った自分を恥じたくらい

懇切・丁寧・迅速な仕事ぶりだった。

 

以前契約していた不動産管理会社が

ろくでもなかったから、より際立つ。

 

2月になって

 

専任媒介契約のために我が家に来られた

Sさんは、玄関を開けたとたん

「これ、どうぞー」

と、スーパーの袋に入ったミカンを差し出した。

近所の農家に貰った無農薬のミカン。

何だ、この天真爛漫さ、親戚だったっけ?

 

もっと驚いたのは

 

広告ちらしを出して1週間で、ですよ。

専任媒介契約を交わす前に、ですよ。

 

なんと、家の買い手が現れたんです。

まさか、言い値で。

しかも、現金払い。

 

2月14日、不動産売買契約。

買い主さんは、シニア世代の人の好さそうなご夫婦。

 

都会で飲食業を営んでいたご夫婦は、田舎暮らしに憧れ

わたしが預けられていたおばあちゃんちよりもド田舎に

移り住んでこられたが、最近健康に不安を感じ始め

便利な街中に住み替えを希望されたとのこと。

 

売買契約の日も、いつもと変わらない作業着のSさん。

 

買い主さんの不安を解消するように対応してくださる。

契約は長々と説明を聞いたり、何枚も署名をしたりで

長時間かかり、緊張感があったが

Sさんのキャラが、場の空気を緩ませてくれていた。

 

2月28日、譲渡日。

名義変更も支払いも鍵の引き渡しも、無事終わった。

 

ああ、売っていただいて、買っていただいて

なんと、嬉しいことか、ありがたいことかと

しみじみ、思った。

 

最後に

 

たぐいまれなる写真好き家系に生まれた夫が

「一緒に写真撮りましょう」と声を掛けた。

 

堅物そうな司法書士さんが自分から

「撮りますよ」と(なぜか笑いながら)

言ってくださりシャッターを押してくれた。

 

Sさん✕買い主夫婦✕売り主夫婦で記念撮影。

「こんなん初めてですわー」と、Sさん。

 

本当に和やかで、気持ちの良いお取り引きだった。

 

そして、何よりフィーバーしたのは、売り値!!